TOPニコンのデジカメ関連製品全般

比較的安価なニコンの18-35レンズは良い(^^♪

ニコンもD3からフルサイズ(FXフォーマット)になったわけですが、デジタル化した当時は、DXフォーマットだった訳で、レンズもDXフォーマット用のレンズが何年も主流になっていました。

使い勝手の良い18-200のようなズームレンズはもちろんのことながら17-55のような明るいレンズもDXフォーマットで作られるような状況が続いていました。

しかし、18-35という比較的安価なレンズがFXフォーマットに対応しているんですね!これが。

(もちろん、この領域の17-35mmというお高く明るいレンズはいわずもがなFX対応です。)

18-35.jpg


DXフォーマットが主流の当時は、18-35レンズよりも17-55レンズの方が明るいし重宝がられる傾向があったようですが、FXフォーマットが主流になりつつある現在、18-35レンズが巻き返しをはかっている。というか、18-35レンズの方がFXフォーマット対応ですから、使い勝手が良いわけです。

もちろんニコンとしてはFX対応の広角系レンズとして14-24mm を出したわけですが、定価が\285,600ですからね。

「はい。買います」ってすぐに手が出るレンズではありませんからね。

昔に18-35mmを買っている多くの人は、とりあえずはこれで何とかなるのでは?と。

AF-Sでは無いところが欠点ではありますが、軽い!これがある意味利点かと(~_~;)


あと、28-70mmレンズも良いですよね。
あれはマクロ領域が付いてますから。

今は生産していないようですが・・・。

似たレンズに24-70mmが現在はあるようですがマクロ領域はあるのかな?

で、話はそれましたが、18-35は安い割りに使いやすいレンズだとFXフォーマットを使うようになり、改めて見直したレンズです。

ちなみに私が多用しているレンズは、
18-35
28-70
70-200
200-400
18-200

この辺りです。

全部ズームレンズだなぁ(~_~;)






【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<アクセス元について | ホームへ | ちなみに日本の画像処理の価格は・・・>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |