TOPカラーマネージメント

混色について ① (光と色の三原色)

今回は、色に関しての備忘録を複数回に分けて書いておこうと思います。
(色の基本についての話ですが、Photoshopなどで画像を修正する際にも、この基本を知っているか知らないかでは、大きな違いが出てきます。)

周りを見渡せば様々な色が存在していますが、テレビでは世の中の様々な色を映し出しています。
しかし、テレビ画面には赤・緑・青の三色の明かりを使って様々な色を表現していまよね。

つまり、赤・緑・青の三原色があればあらゆる色を作り出せるわけです。

この赤・緑・青の三色を光の三原色といいます。
この程度の話は、ブログを読んで下さっている方には朝飯前の話かもしれませんね。

では、先に進みます。

この三原色ですが、色のついた光(色光)を混ぜる物と、顔料などの着色材料(色料)を混ぜる物の2パターンがあります。
前者の色光の場合は「色光の三原色」と言って、基本的には「光の三原色」と呼ばれています。
この「光の三原色」が先ほどテレビの話でも出た赤・緑・青の三色になります。

また、この光の三色は「加法混色」とも言われます。また「加色法」とも呼ばれます。
色光は、色光と色光を混ぜると、明るさが足し算され、もとの明るさよりも混色後の方が明るくなります。そのため「加法混色」と呼ばれています。
そして、赤・緑・青の三色を混ぜると白色になります。

さて、次に後者の着色材料を混ぜる三原色ですが、こちらは「色料の三原色」と言って、基本的には「色の三原色」などと呼ばれることが多いです。
こちらの三色はシアン(緑みの青)・マゼンタ(赤紫)・イエロー(黄色)になります。この三色はカラー印刷やカラーコピーなど、手にとって見れる物は、この三色で作り出されています。
実際には、この三色にブラックを混ぜた4色で使われますが、ここでは割愛します。

先ほどの光の三原色は加法混色と呼ばれていましたが、こちらの「色の三原色」は反対に「減法混色」と呼ばれています。また「減色法」とも呼ばれます。
なぜ、減法なのかと言えば、色料の場合は、混色をすると元の色よりも混色後の色の方が暗くなるからです。

そして、シアン・マゼンタ・イエローを混ぜると理論上は黒になりますが、実際は暗い灰色になるため、印刷現場では黒のインクを別に使用します。

つまり三原色といっても大きく分けて二つあり、
光の三原色である「赤」「緑」「青」と
色の三原色である「シアン」「マゼンタ」「イエロー」があるということです。


次回は、色の三原色と光の三原色の相関関係について書いていきます。








【関連するタグ】

【最新記事一覧】

03/29   CP+のトークショーやアドビセッションがWEBで公開。 男子必見?ふともも写真展情報など
03/28   映画を超えた!?監視カメラ解析技術の最新情報やフィルムカメラをデジカメ化する「I'm Back」など
03/27   露出トライアングルイラストやベントレーのギガピクセル写真など
03/26   Embedlyカードを使って写真関連ニュースを共有
03/16   2017年3月11日の朝 仙台市若林区荒浜地区 
03/01   ダークバック不要のイタリア製フィルム現像キット「LAB-BOX」明るい部屋で簡単現像!
02/24   【無料】ついに出た!花火撮影専用のカメラアプリ「大仙花火カメラ」誰でも簡単に綺麗に撮影が可能!
02/20   壊れたiPhoneからデータを取り出すことも可能な復旧ソフトが期間限定無料ダウンロード公開中
02/08   図書館やビデオレンタルで借りたDVDの紛失/破損による弁償は著作権補償処理のため高額請求されますのでご注意を!
02/02   不正レビューを大量削除!Amazonのカスタマーレビューランキングが復活更新しました! 
01/26   ここまで進んだGoogleドキュメントの自動音声入力!もうテープ起こしは無料アプリでOK!?
01/21   800万円の掛布団を販売する西川グループで聞いた羽毛布団の正しい使い方。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<混色について ②  (三原色の相関関係) | ホームへ | USBかLANか。 ハードディスクを迷う。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |