TOPプレスリリース/ニュース

オリンパスと松下電器が「マイクロフォーサーズシステム規格」を策定

マイクロフォーサーズ.gif

オリンパスがフォーサーズで、強気勝負に出てきました。

「フォーサーズシステム規格」を拡張し、大幅な小型・軽量化を実現できる「マイクロフォーサーズシステム規格」を松下電器と新たに策定したようです。

更に、デジタル一眼レフカメラを小型化し、コンパクトカメラユーザーを一眼レフへと移行させる計画のようです。

デジタルになってからは、市場全体におけるデジタル一眼レフの割合は7%程度で、フィルム時代と比べると、まだまだ伸びると見越しての計画です。



「マイクロフォーサーズシステム規格」の主な特長は、以下の3点。

1、フランジバック(マウントと撮像素子との間隔)の短縮=「フォーサーズシステム規格」の約1/2に短縮

2、マウント径の縮小=「フォーサーズシステム規格」より、外径を約6mm縮小

3マウント電気接点数の変更(9点⇒11点)

※ 撮像素子の対角長は、「フォーサーズシステム規格」「マイクロフォーサーズシステム規格」両規格で共通。


今でも小型化に成功したイメージがあるオリンパスですが、これが実現すれば多機種との差は断然広まりますね。

これは楽しみです。







【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<amazonでも注文商品がコンビニ受け取りが可能に。 | ホームへ | こんな天気の日は「東京アメッシュ」と「東京電力・雷情報」>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |