TOP未分類/写真・カメラ関係含む

アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています

今日は日産の「ゴーン会長逮捕へ」のニュース一色ですね。金額が大きすぎてついていけませんが・・・^^;

さて、月刊誌『アサヒカメラ』で連載されている「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の記事がAERA dotで一部公開されているのでご紹介しておきます。

もう最新刊の12月号が出ているタイミングですが11月号での連載は
●写真好きのための法律&マナー SEASON 2 第5回
・肖像権、著作権、プライバシー権、盗撮、施設管理権…
・いまさら聞けないスナップ撮影・写真発表の「落とし穴」吉川明子

この2つの連載がAERA dotで抜粋として公開されています。抜粋といっても非常に濃い内容になっていますから面白いです。

私もカメラ雑誌は数誌定期購読しているのですが、以前と比べると特集が減ってカメラメーカーの広告記事?みたいな内容が増えている雑誌が見受けられますよね。それがちょっと残念。そういう情報のほうがニーズがあるのでしょうか。

どんなにカメラが良くなっても、撮る側の技術レベルにもよりますからね。CAPAなんかもデジキャパの時代は技術系の分野に力を入れていて結構面白い雑誌だったのですが、最近はカメラの最新情報に特化していますね。デジキャパが届かなくなったから何で?と思ったら休刊^^; あの時はショックでした。デジキャパは写真を初めたばかりの人や写真を上手くなりたいという方々にオススメしていたので。

月刊カメラマンなんかも有名ですが、やはりフィルムカメラ時代と違って新製品の登場サイクルが短くなった関係もあって、新製品情報がニーズがあるのかも知れませんね。個人的には残念な流れ。

雑誌のコラムページや技術や解説などの特集ページが私は好きなので、今回紹介したような特集は嬉しいですね。デジタルカメラマガジンも新製品情報のページが多いものの、「いまさら人には聞けない大人の光学入門」などのマニアックな連載が大好きです^^;

余計な話が長くなりそうなのでアエラのリンクを下に貼っておきます。
ちなみに今の連載はシーズン2でシーズン1の特集は書籍になっています。リンクは貼りませんが「写真好きのための法律&マナー」というムックです。アマゾンで検索するとすぐ出てきます。こういった著作権関係が気になる方には面白い本だと思います。

その他気になったリンクを下に数本貼り付けておきます。

盗撮、肖像権、プライバシー権... いまさら聞けないスナップ撮影の「落とし穴」 〈dot.〉

ポートレート撮影でモデルとの契約は必要? 知らなきゃまずい写真公開「リスク」と「覚悟」 〈dot.〉

その見積もり高すぎない?ドローン撮影の値段相場を知るための必須基準2つ

キヤノン初のフルサイズミラーレス「EOS R」をレース取材の現場に投入!

ボタン1つで写真に魔法をかける!AI(人工知能)搭載 画像編集ソフト「PHOTOLEMUR」 レッド・ドット・デザイン賞2018受賞

月利用者150万人以上の無料画像編集ツール「Photopea」の開発者が「質問ある?」に降臨



このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

<<Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性! | ホームへ | 7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |