TOPNikon D700レビュー

マルチパターン測光

マルチパターン測光とレンジ幅についてですが、下に一枚画像をUPしておきます。

D700-1
機種 : NIKON D700
露出時間 : 1/640秒
レンズF値 : F20.0
露出制御モード : シャッター速度優先AE
ISO感度 : 1600
レンズの焦点距離 : 65.00(mm)
撮影モード : オート
ホワイトバランスモード : オート
レンズの焦点距離(35mm) : 97(mm)
ISO設定 : 1600



青山にある、岡本太郎作のオブジェですが、空を入れてオートで撮影してみました。
ISO感度は高めの1600。

このあたりはさすがにNikonという感じですが、オブジェの顔の部分も潰さずに、空も飛ばずにデータを作ってきます。

この画像のヒストグラムは以下の画像です。
ヒストグラム

この露出差の情景ををしっかりとカバーしているのが分かります。

Dライティングを使えば、アンダー部分は撮影後でも簡単に上げることが出来ますが、Dライティングに関してはまた今度にします。






【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<超高感度撮影 ISO6400 ノイズは? | ホームへ | イメージセンサークリーニング>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |