TOPプレスリリース/ニュース

自撮り棒からドローンの時代に?AirSelfie(エアセルフィー)が気になる。キヤノンからLEDライト付き交換レンズが発表など

キヤノンから新しいコンパクトデジカメとレンズが発表されましたね。
スマフォとの違いを出すために高倍率ズームが最近は人気のようです。確かにスマートフォンで撮影が出来るのにワザワザコンパクトデジカメを購入するとなるとそれなりの理由が必要になりますからね。画質に関してはスマートフォンの画質で満足している方が多いですから光学ズームで差を付けるという結果になるのでしょうか。
同時に発表されたマクロレンズはLEDライト付き!少し前に世界初のLEDライト付きレンズをキヤノンが作って話題になりましたが、続いて生産されるということは好評だったのでしょうね。マクロ撮影の場合は対象物にライトを当てる場合は少しコツが必要でしたがレンズ先端にLEDライトが付いていれば便利です。凄い発想ですよね。


私が気になったのは、やはりドローンネタ。先日発表され話題になった「AirSelfie(エアセルフィー)」は自撮り棒に取って代わることができるのか?という記事。


61グラムと超軽量なために規制の対象外なので気軽に外で飛ばせます。そこで自撮り棒の代替になるのか?個人的には昨日紹介した操作方法の練習にもってこいのドローンの方が気にはなるのですが、このエアセルフィーも面白そうです。3万2000円程度と少し高いのが・・・。


他にも気なる記事を全部で9本載せました。

「空飛ぶカメラ」で自撮り棒はいらなくなる? | スマホ・ガジェット



カメラ:旅のお供に最適なカメラはどれ? 最新「ミラーレス一眼」3モデルの撮影力をプロが採点してみた!(GetNavi web) - 毎日新聞


臨場感を共有する360度ライブストリーミング Facebook、YouTubeなどが対応 | Mogura VR


キヤノン:光学40倍ズームレンズを搭載した"PowerShot SX730 HS"を発売 約180°回転するチルト式液晶モニターにより自分撮りにも対応


キヤノン:撮影倍率等倍で迫力あるマクロ撮影が可能 LEDライト内蔵の"EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM"を発売 ドイツ うそのニュースに最大約60億円罰金の法案 | NHKニュース


亀山工場、4000人に倍増=カメラ部品生産-シャープ:時事ドットコム


前後デュアルカメラの4眼スマホAlcatel Flash発表。OPPOも前面デュアルカメラ端末を発売 - Engadget Japanese


Facebook、リベンジポルノのシェアを阻止する写真照合テクノロジー





【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<Adobeが公開した自撮り写真の加工動画やAppleの新しい動画作成アプリ「Clips(クリップス)」など | ホームへ | Microsoftが自撮り用カメラアプリを公開やドローン操縦教育が目的の新商品発表>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |