TOPパノラマ

THETA S用にピッタリな100均の超軽量デジタルカメラ用三脚と少し注意が必要な300円自撮り棒

100均にデジタルカメラ用の小型三脚や自撮り棒と呼ぼれるモノポッドが売られているのはご存知の方も多いと思います。
全天周カメラでお馴染みのTHETA m15から発売したばかりのTHETA SにしたついでにTHETA S用の三脚を購入しようとダイソーへ行きました。

ダイソーで売られている三脚や自撮り棒は今までスルーしていてので詳細を知らなかったのですが、このたび両方を購入しTHETAにつけてみました。その感想をダラダラと書いていこうと思います。

THETAをご存知無い方、THETAに興味がない方はスルーでお願いします。



100均のダイソーで売られているデジタルカメラ用三脚が左側。これは100円です。
自撮り棒が右側でこちらは300円。さすがに100円ではないんですね~。
全長は約84センチでした。

私がヨドバシで購入したモノポッドよりは短いですが、短い代わりに若干軽いです。ただ基本的には一般的なモノポッドの重さだと思って頂いて結構です。


驚いたのがデジカメ用チビチビ三脚!
これは色違いの白色。旧THETA用に購入しました。

何が驚いたかと言うと、軽い!!!!かるい、かるい。超軽量です。




31グラム。この計りは2グラムほど誤差があって実際には33グラムだと思いますが・・・。
それにしても軽い。
軽いTHETAを乗っけるにはコレぐらいで十分だったりします。無風ならば^^;


THETAの重さは下の画像を見て頂ければお分かりのように93グラム・・・。いや正確には95グラムかな。




新登場したTHETA Sは少し重くなって123グラム(125グラム)です。
この程度の重さのカメラならばダイソーの100円三脚でも十分安定します。

コストパフォーマンス良いなぁ~、100均の三脚(^^)




30グラムっていうと、どの程度の重さかピンと来ない方もいるかと思いますが、ポケットティッシュ2個分ぐらいです。
これならバックに入れておいてもポケットに入れておいても何も問題ない重さです。




まあ、三脚は重さが大事なんだ!!!と長年言われてきた方々には怒られてしまいますが、使い勝手を考えたらこの三脚はありだと思います。


三脚を立てるとこんな感じ。


足が伸びる2段仕様!!!100円でここまでやるか????




旧型THETAと新型THETA Sを装着すると、そのベストマッチ具合が良くわかります。
THETAの底面は平らなのでそのままでも立ちますがやはり不安定です。

イザという時の為に鞄に入れておいても気にならない三脚。これはいいですね。




300円で購入した自撮り棒の底面にはネジ穴が空いているので三脚と組み合わせると、こんなスペシャルな形になります笑。

ただ自撮り棒を全部伸ばすともちろん安定が悪いです。風の吹いている外で使えるシロモノじゃないです。
無風の室内なら気をつけて使えば使えなくも無い・・・。


                


ただ一点、この自撮り棒、300円で売っているモノポッドですが、ネジが長いです!!!!!
私のだけかなぁ~~~。


左側がダイソー。右側が私がいつも使っている自撮り棒。ネジの長さが違います。



このネジの長さだとTHETAには長すぎて固定できずにクルクル回ってしまいます。これが唯一残念な所。
どうしようかと思って、リューターを使ってネジを短く切ろうと思ったのですが、見事に失敗。

ですので、フェルトのような厚みのあるものを貼って強制的にネジの長さが短くなるように調整。無事使えるようになりました。


THETAを購入して、なにかよい三脚やモノポッドが欲しいなぁ~と思っている方に参考になればと思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加



パノラマ | 2015.11.03 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日
11/05   写真関連ニュース アイドルと学ぶ『カメラ基礎講座』や電源ケーブルも無い完全ワイヤレス屋外用wifi監視カメラなど 2018
11/03   写真関連ニュース オバマ大統領を追いかける朝日新聞社カメラマンの舞台裏/Nikon Z6がついに全国のカメラ店で先行展示など 2018年11月3日
11/02   写真関連ニュース Flickr無料版の保存容量が1TBから1000点に/スタジオ撮影講座の「Profoto Academy」の日本語字幕が開始 2018年11月2日
11/01   写真関連ニュース Adobe Lightroomが直感的に使える「Loupedeck+」のレビューなど 2018年11月1日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<新宿ミロードのモザイク坂が光の回廊に。イルミネーションが点灯 | ホームへ | フリーでデジカメのRAWデータも復旧可能なデータ復元ソフト「Data Recovery Wizard」 Mac版 Win版 >>
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/05/14 17:59 | # | [edit]
コメントありがとうございます。
コンパクト三脚と自撮り棒との接続方法のお尋ねですが、自撮り棒の中には底部分に三脚と接続できるようにネジ穴が存在する商品があります。恐らく全ての自撮り棒についているわけでは無いかと思いますが、私が持っている2つの自撮り棒には底部分にネジ穴が空いております。
ですので、そのネジ穴に三脚側のネジを回して接続しています。
ただ自撮り棒によってはネジ穴部分が弱いものがあり、重たいカメラを載せると外れてしまうケースもありますのでお気をつけください。
2017/05/14 21:05 | Orca #VjrOQt26 | [edit]
  • 【】
【// :】
| ホームへ |