TOPドローン

今後はイベント等で大活躍!? ライトアップされたドローンによる編隊飛行が美しい

10月19日から21日までカルフォルニアのラグナビーチで行われていたウォール・ストリート・ジャーナル主催の第2回WSJDLive技術会議2015のキックオフイベントでLEDライトでライトアップされた7機のDJIドローンによる見事な編隊飛行(アクロバット飛行)が披露されました。

Appleのティム・クックやソニーの平井一夫社長らが参加する注目のイベントだけにやることが違います。
ちなみに平井社長はイベント内で、将来開発される自動運転車にソニーの画像センサーを搭載することを複数の自動車メーカーと協議を行っていることを発表したそうです。


(写真は動画をキャプチャーしたもの)

編隊飛行したドローンの動画は以下からどうぞ。

首相官邸墜落事件からドローンを見る目が厳しくなった昨今ですが、今後の可能性を秘めた部分に注目していきたいのですが、今回行われたドローンの編隊飛行はCMや映画などではなく、なおかつ閉ざされた部屋の中でもない屋外でのリアルタイム飛行という点が凄いですね。

CMなどの場合は1テイクで仕上げられなくてもOKな訳ですが今回はイベント内で行われた飛行。失敗は許されない状況下で素晴らしいアクロバット飛行です。

こういった編隊飛行がさらに複雑に多くのドローンで行うことが可能になればUSJやディズニーなどのアトラクションイベントとしても今後は使われる可能性もありますよね。

日本でも海外でも飛行機のアクロバット飛行は人気がありますし、ドローンのアクロバット飛行が大きなイベントで活躍する姿を目にする日は近いもしれません。


既に屋内での実験やCM映像では驚くような編隊飛行が行われています。
誰もが驚いたのはレクサスのCM。記憶にあたらしい方も多いのでは。まだ見たことがない方は以下の動画をどうぞ。



他にはアウディでもドローンを使ったパニックCMを作っています↓


屋内での編隊飛行映像では以下の映像が非常に話題になりました。ペンシルベニア大学のGRASP研が行ったドローンでのデモンストレーション映像です。↓

どれを見ても今後のドローンの活躍が楽しみになりますね。







ドローン | 2015.10.21 [EDIT]

【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<フリーでデジカメのRAWデータも復旧可能なデータ復元ソフト「Data Recovery Wizard」 Mac版 Win版 | ホームへ | 【期間限定】Adobe Creative Cloudフォトグラフィプランが20%OFFで購入できる特別提供版!>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |