TOPパノラマ

スマフォで貴方もブルーインパルスのパイロットに! 航空自衛隊が360度動画アプリ公開

YouTubeがパノラマ動画に対応するようになってから、静止画の全天球パノラマだけでなく、動画の世界のパノラマも一般的に随分と知られてきました。

最初にパノラマ動画を見た時の衝撃は大きかったですね~。
今では多くのパノラマ投稿サイトに毎日パノラマ動画がアップされる時代になりました。
リコーの全天球カメラTHETAを使えば誰でも撮影出来ますしね。(画質が良いとは言えませんが・・・)

そんな一般化されてきたパノラマ動画を航空自衛隊も採用。
航空自衛隊公式アプリ『BIve -ビィヴ-』をダウンロードすればスマホ上でブルーインパルスのパイロット気分が味わえます!
   
【[JASDF] 航空自衛隊スペシャルコンテンツ】http://www.mod.go.jp/asdf/special/application/
iPhone用アプリ
アンドロイド用アプリ


私も早速ダウンロードしてみましたが、「イイ!」
何が良いかって・・・。
普通の飛行機コックピットのパノラマ動画と違って、真横に他の機体が写っている臨場感が凄いです。
想像していたよりも近い位置をキープしているんだなぁと。

立体視(ステレオグラム)対応画面にもすることが可能なので交差法が出来る方なら立体的に動画を見ることが可能です。
平行法と比べると最初は少し訓練が必要ですが一度出来てしまえば簡単ですからこの機会に頑張ってみてください!


左右の移動に関しては指で動かし上下の移動に関してはスマフォを動かしして視点位置を変えられます。
上下の移動も指で移動できたらもっと快適だと思うんですけ・・・^^;


ちなみにYouTube以外でもパノラマ動画を見ることが出来るサイトは多々あります。
代表的なサイトを以下にリンクしておきます。



パノラマ動画に興味がある方は是非どうぞ。

最近の話題としてはGoPro社が上でも紹介したKolor Eyesを運営しているKolor社を買収しました。Kolor社は360度映像制作ツールなどを提供している会社で、GoPro社がパノラマ動画に本格参入してきたことが伺えますね。

GoogleもGoPro16台を使ったJump VRビデオカメラシステムのテスターを世界から募集中しているといいます。
時代はパノラマ動画へ進んでいきそうですね。

2020年の東京オリンピックに向けて各社着々と計画を進めているでしょうから、その動きも気になります。







パノラマ | 2015.06.25 [EDIT]

【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<定番のボイスレコーダーアプリ「ボイスメモ Pro」(600円)が無料になってました。 | ホームへ | Photoshop CC 2015やLightroomなどのショートカット一覧シートを紹介>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |