TOP写真関係全般

自撮り棒の危険性をユーモラスに伝えるYouTube動画がメチャクチャ笑える

ピザハットが自撮り棒(セルフスティック)の危険性をユーモラスなコメディー動画として配信しているのですが、これがメチャクチャ面白い。

それもそのはず、この動画を制作したのはYouTubeでの共有拡散を目的に動画を作る専門会社。俗にいうシェアエブルコンテンツというやつです。

(紹介している写真は動画からキャプチャーしてます。)


バズフィードなどを中心に、バズるという言葉が日本でも定着してきましたが、Twitterなどで拡散するのとは少し違って、動画の共有拡散を目的に作られているようです。

セルフスティックやセルカ棒と呼ばれる(日本では自撮り棒などとも)伸縮自在の棒は日本ではさほど問題にはなっていませんが、アメリカやヨーロッパでは観光名所でところ構わず迷惑を考えずに自撮り棒を取り出して撮影する人が多くて問題化しているのだとか。

写真撮影可能の美術館が多いのも欧米の特徴ですが、さすがにセルフスティックの使用は禁止されたそうです。

そんな現状を受けてピザハットが公共広告的なコマーシャルをSHAREABILITYというYouTubeでの共有拡散を目的に動画を作る専門集団を通して作ったもの。


周りに何もない広い場所で自撮り棒を掲げるとカミナリが落ちる可能性も高くなる?とても危険な行為ですから止めましょうww


拡散目的の動画ですから拡散して欲しいっていうなら喜んで(笑)
ということで紹介させて頂きましたが、そりゃ~もう抱腹絶倒間違いなしの動画です。
久々に心の底から笑わせて頂きました。

動画は以下です。



下はメイキング動画です。







写真関係全般 | 2015.05.21 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<DeNAが無料カーナビアプリ「ナビロー」を公開 ドライブレコーダーやオービス情報も搭載 | ホームへ | ネタかと思ったんですがガチかも知れないスマートフォン用撮影アクセサリ「IndieVice」>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |