TOP未分類/写真・カメラ関係含む

DJIから4K動画にパワーアップされた最新型ドローン"Phantom 3"が発表!5月発売

マルチコプターで有名なDJIから最新型ドローンである"Phantom 3"が発表されました。
PHANTOM 2から格段に性能があがっているようです。

DJIはPhantomの上位機種である"INSPIRE 1"を最近発売しましたが、 Phantom 3は上位機種である"INSPIRE 1"の技術を多く取り入れた素晴らしい機体っぽい。
4K対応のプロフェッショナル版と4K未対応のアドバンス版の2つが同時発表です。

技適の問題などがありますので日本で使用できる機体の発売は少し後になるかもしれませんが遠からず発売になるとおもいます。


価格は"INSPIRE 1"の35万円より安く4Kバージョンのプロフェッショナル版の機体でも125ドル。"Phantom 2"から価格は据え置きといった感じです。

しかしカメラは"INSPIRE 1"で使われているものと同じか、もしくは似ている感じ。
画角は同じく視野角94°。
35mmカメラ換算で20ミリレンズ相当です。

12メガピクセルカメラということで、"INSPIRE 1"の画素数4000×3000のカメラと性能が一致します。
見た目は少し違いますが中身は"INSPIRE 1"で使われているカメラとかなり近いことが予測できますね。

明るさもF2.4と上位機種と同じ。良い4K動画が期待できそうです。



4K動画も既にYouTubeにUPされていて、その動画の切り出しがこちら↓
クリックで拡大します。



実際の動画をご覧になりたい方は最後に貼り付けておきますのでどうぞ。

カメラの性能以外には墜落防止のビジョンポジショニングシステムが新たに搭載。
"INSPIRE 1"で搭載された期待の機能。


Inspire 1で搭載されているビジョンポジショニングシステムと性能はほぼ同じと推測しますが、ビジョンポジショニングシステムというのはマルチコプターから地面に向かって超音波を発してGPSが捕捉出来ない場所でも安定して飛行するための補助装置です。

ただ、このビジョンポジショニングシステムも万能ではないようで以下の様なシーンでは機能しない場合があるそうです。
過信して購入すると怖いですね。はじめに目を通しておこうと思います。


Inspire 1のユーザマニュアルで書かれているビジョンポジショニングシステムでの注意点が以下。

  • 単色の地面の上を飛ばす際(黒、白、赤、緑など)
  • 反射率の高い地面の上を飛ばす際
  • 高速(8m/s 以上)での飛行中
  • 水や透明な地面の上を飛ばす際
  • 動いている地面や物の上を飛ばす際
  • 光源が頻繁に変化したり、大幅に変化する場所を飛ばす際
  • 極端に暗い(10ルクス未満)、明るい(100.000ルクス以上)地面の上を飛ばす際
  • 音を吸収する素材の上を飛ばす際(毛足の長いカーペットの上など)
  • はっきりしたパターンや模様のない地面の上を飛ばす際
  • 同一の反復するパターンや模様の上を飛ばす際(すべて同じデザインのタイルの上など)
  • 超音波をまっすぐ反射できないような、傾いている地面の上を飛ばす際
  • センサーは綺麗に保ってください。泥などがセンサーの動作に悪影響を及ぼす可能性があります。
  • 効果的な機体高度は2.5メートルまでです。
  • 水上では正しく動作しません
  • 100ルクス未満の暗い所では、地面のパターンを正しく認識できないことがあります。
  • ビジョンポジショニングが起動している時に、40 KHzの超音波を使用する機器を同時に使用しないでください。
  • 地面に近い高度(0.5m以下)を高速で飛んでいる際には、ビジョンポジショニングでは機体を安定させることはできません。



プロポもパワーアップしてるようですね。




その他色々と公式サイトで紹介されていますから気になる方はチェックしてみはいかが?

公式サイト Phantom 3 DJI



B&Hでの価格です。

DJI Phantom 3 Professional Quadcopter with 4K B&H


DJI Phantom 3 Advanced Quadcopter with 1080p Camera  B&H



動画はこちら。







【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<突如日本橋に現れたクレイジーなモビルスーツ型カメラリグ男!なんと世界中で話題沸騰中 | ホームへ | ネイマールがサッカーボールでマルチコプターを撃墜!>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |