TOPカメラ関係

これは良いかも! 東芝が発表したデジカメ無限高画質技術。高性能なノイズ除去システムの登場か

東芝が無限高画質技術を発表しました。
簡単に言えば高感度で撮影したノイズだらけの写真も複数枚の画像を合成することでノイズを抑えられるという技術。
ノイズは生成された画像にランダムに入り込むので複数枚を重ねることでランダムに入ったノイズだけを除くことが可能になるんです。

従来から各メーカーともに数枚の撮影画像を合成する電子式手ブレ補正技術が実用化されていますが、撮影画像を一旦とどめておくメモリが必要なので合成枚数に限界があり、今回東芝はその問題をクリアーし何枚でも合成できる技術を確立したと発表したわけです。

既にソニーはマルチショットNR(ノイズリダクション)という名称でデジタルカメラに搭載しています。
ソニーの場合は6枚の写真を合成してノイズリダクションするのですが、この6枚という枚数制限が無くなり何枚でも合成できるという点で無限高画質技術は優れているということですね。
この限界を無くしたというのは凄いですね~。色々とまだ問題は残っているでしょうが実装されるのが楽しみです。



東芝のリリース書類は以下のリンクからどうぞ。

東芝 研究開発センター:研究開発ライブラリ 小型イメージセンサで大型センサ並みの画質を実現する「無限高画質™」技術を開発
当社は、スマートフォンや車載カメラに搭載されるような小型イメージセンサで、大型イメージセンサ並みの画像を実現できる「無限高画質™」技術を開発しました。本技術は、連続する複数枚の撮影画像を当社独自の高精 ...
ノイズリダクションシステム




既に複数枚の写真を合成してノイズリダクションする技術というのはソニーがデジカメに搭載する前から一般的で、例えば「Photoacute」というソフトを使えば誰でも簡単にその技術の恩恵を受けることが出来ます。
無料でトライアルも出来るソフトですから興味のある方は試してみると良いと思います。

かなり昔に私も試したことがありますが、以下の様な結果が出ました。
ISOを高感度設定にしてノイズだらけの写真ですが複数枚コンポジット(合成)することによって左のノイズだらけの写真が右のようにノイズ除去されます。


上の写真で試した時には20枚連続で撮影して、その20枚をコンポジットしてノイズリダクションしました。
基本的には枚数が多いほうがノイズだけに関して言えば結果は良好になります。6枚と20枚とではノイズ除去の結果は大きく違ってきます。

また、「Photoacute」を使わなくても古いバージョンのPhotoshopでも同じことが出来ます
わざわざ新しいソフトをダウンロードしなくてもPhotoshopでも試せますのでもしも興味のある方はどうぞ。
やり方を含めて昔の記事(以下のリンク)を辿って頂ければ詳しく書いています。

Nikon D3sのISO感度102800で撮影したものをコンポジット合成。ここまでノイズ除去出来ました。フォトショップも大健闘。
前回「劇的に写真のノイズを除去する方法。コンポジット合成によるノイズ除去。フォトショップでも可能です。」というエントリーで複数枚の写真をコンポジット合成することにより劇的にノイズ除去出来る事を書きまし ...
高感度でノイズだらけの画像を20枚合成したらノイズが消えた!





で、話は戻って東芝の無限高画質技術ですが以下の点が気になります。

東芝の技術のキモは以下の部分

当社独自の高精度動き検出技術で手ブレを補正しながら画像1枚分のメモリで順次合成することで、ノイズが少なく鮮明な画像の生成を実現しました。


1,複数枚の画像を合成するので三脚にでも設置しなければ通常はブレが発生します。そのブレをどの程度補正してくれるのか。

2,1枚分のメモリで順次合成していくことで大きなメモリを必要としない点が無限合成を可能にしたのだろうが処理スピードはどの程度まで可能なのか。つまり10コマ/秒で撮影された20コマの写真を合成することが可能なのか。

3,実装される最初のスマートフォンやデジカメは何になるのか?


まあ、この技術がiPhoneとかに実装されたら話題になるでしょうね~~~。
是非実装してほしい。

既にブースト撮影という連射機能が搭載されていますから複数枚撮影は問題ないW
夜景写真などは夜の撮影ですからスマートフォンで撮影すればノイズだらけになるわけですが、ブースト撮影して10~20枚程度の写真を東芝の無限高画質技術で合成!
今までには見たことのないノイズ除去された綺麗な夜景写真がスマートフォンでも撮影可能!ってな時代がすぐ目の前に来てるわけですね。

素晴らしい。


最後に別カットの複数枚コンポジット(合成)でのノイズ除去画像を貼り付けておきます。
コレぐらい差があるんですが、これがスマートフォンで何も操作すること無く可能になったら凄いかも。


元画像の1枚です↓



20枚合成させたもの。
左がソース画像の1枚。右がノイズ除去された画像。




結構違いますよね~。
ソニーのマルチショットNR(ノイズリダクション)システムも出た当時は凄いと思いましたが、6枚という限界を突破し何枚でも合成できるとなるとスマートフォンやコンパクトデジカメの高感度領域撮影の基本的な考え方が変わってくるかもしれませんね。


ただ、これはあくまで合成ですので被写体が一定の速度以上で動いている場合などには不適な場合が多々出て来ます。







カメラ関係 | 2015.03.17 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<目で見て分かる!被写界深度シミュレーションの決定版が登場 これで撮影時に迷わない!? | ホームへ | 8ヶ月間売れなかった家。フォトグラファーが写真を変えたら"たった8日"で売れた!?>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |