TOPパソコン全般

被写界深度を視覚的に分かりやすくシュミレーションしてくれるWeb Appが面白い

被写界深度を他人に説明するときなど便利そうなWebアプリケーションがあったのでご紹介。
パンフォーカスで撮影するためにワザとフィルムサイズの小さいハーフカメラのオリンパス・ペンを使っていた時などは自分で計算して被写界深度を出して遊んでいましたが、今やWebで被写界深度は簡単に算出できます。

スマートフォンのアプリでも被写界深度を計算するアプリは色々とあるんですがWebでこんなに便利そうな被写界深度計算が出来るのは初めて見ました。



実際にこちらのサイトへ言ってスライダーを動かして頂ければ一目瞭然だとは思うんですが、レンズの焦点距離や絞り、対象物までの距離などを設定すると被写界深度をイメージで表してくれます。

その際にAPSサイズ等での場合の数値も表示してくれています。最初は見方が良くわからなかったのですが慣れればレンズの算出数字の所は理解出来ました。APS等に変換したF値に関しては疑問な点も^^;
35mmで使用することが前提ならば色々と楽しめそうですね。被写体との距離が近ければ広角でも後ろがボケた写真が撮れることがコレならビギナーの人も理解しやすいかもしれませんね。

被写界深度について学びたい時、教えたい時に便利そうなサイトでした。

【Visualization of DOF】
http://sandbox.lt/dof.html







パソコン全般 | 2014.09.30 [EDIT]

【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<レンズを繰り出すこと無く光学ズームが可能なスマートフォン用レンズが既に開発されていた | ホームへ | iPhoneのカメラをマニュアル操作で使えるアプリが登場 ISOもシャッター速度も自由に!>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |