TOPphoto/写真

若返りを繰り返し死なない不老不死のベニクラゲ パート2 



ベニクラゲの写真と不老不死の話を書いたら意外と反応があったので、もう少し別カットを載せながらもう少し詳しい話を。
不老不死と書くと絶対に死なないから増えすぎちゃうじゃん!と思われる方もいたようですが、食べられてしまったらさすがに死んじゃいますよね~^^;

それでも、このクラゲが不老不死と呼ばれてメディア等で取り上げられる理由は"若返り"出来る点。
このベニクラゲを研究している京都大学の久保田信准教授は「ベニクラゲは神秘の生き物で人類が夢にまで見続けている若返りが出来る実在する生き物」と言われています。


この若返るというのは一体どういうことなのかですが、

         

ストレスや老化が進むとポリプと呼ばれる若い体に戻ることが出来るらしいです。「クラゲ ポリプ」で検索すれば色々と解説ページが出てきますが、それを読んだところベニクラゲのポリプってのは成体の姿とは全く違って、例えて言うなら出来の悪い蜘蛛の巣みたいな感じ。
そこから、ピョコっと塊みたいな感じで膨らんで大人のベニクラゲが生まれてくるというイメージです。
タイムラプス動画でもあれば一番分かりやすいんですけどね~。
探したんだけど無かった。

ベニクラゲってのはクローン生物なので、ベニクラゲの"かけら"からポリプを作って増殖することが可能なんだとか・・・!
これって凄いですね。室温でたった2日もあれば若返ることが可能とのこと。


で、この若返りは繰り返しが可能なので"不老不死"と言うことになるわけです。今現在10回の繰り返しまで確認できているそうです。これが100回とか1000回とか出来たら本当に不老不死だなぁ~。



っていうのもクラゲって基本的に寿命が短い生き物。
数ヶ月程度の寿命のクラゲが多いらしいですから、例えばベニクラゲが3ヶ月の寿命だとして10回の若返りで30ヶ月。

      


10回も若返りを繰り返しても30ヶ月というと短い感じも・・・^^;
でも別の生物で同じことが出来るとしたらと考えると魅力的?なクラゲですね。

色々なクラゲを撮影したんですが、あまりにも不思議で可愛らしいベニクラゲに魅了されてしまいました。
ちなみにクラゲの真ん中が赤いのはWikipedia情報だと消化器である胃だそうです。

この胃が真っ赤の紅色だからベニクラゲというのだとか。







photo/写真 | 2014.09.03 [EDIT]

【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<カメラに取り付けることでハイパーラプスが可能になるジャイロ内蔵アダプター"SteadXP" | ホームへ | InstagramのHyperlapseアプリを使って自転車でメルボルンを疾走した動画が話題に>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |