TOPphoto/写真

不死身?不老不死と言われるベニクラゲは可愛い一人乗りの宇宙船のようだった

   

クラゲといえば刺すイメージで何となくネガティブなイメージが多いですが、不老不死のクラゲとして有名なベニクラゲは直径が4~5mm程度のとても可愛らしいクラゲです。
寿命が尽きて死んだようになってからポリプ(刺胞動物の基本形)に再生するらしく、そのことから不老不死のクラゲと呼ばれているとか。

色々撮影してみたのですが、個別にアップで撮影するよりも、この密集具合が好きです。
真っ黒な宇宙空間を一人乗りの宇宙船に乗って漂っているようにも見えます。

ベニクラゲの不老不死を人間にも応用できれば・・・な~んて考えている人もいるのでしょうね。
このクラゲの存在を秦の始皇帝が知ったらなんて言っただろう。

クラゲを観察していて、自宅でもクラゲが飼育できればなぁ~と思ったのですが、クラゲの飼育は非常に難しいらしい。
その上、クラゲの寿命は短くて数ヶ月ほどのものがほとんどだとか。ですので、本格的に飼育するのであれば繁殖をする必要があるとのこと。

家のミナミヌマエビでさえ繁殖に失敗する私ですから早々にクラゲの飼育は諦めました(笑)
水族館でさえ難易度の高いクラゲの展示を1種類でも増やすことは非常に難しいそうです。そう考えるとクラゲ展示数世界一の加茂水族館の繁殖技術がいかに凄いかが理解できます。

日本発の世界一。嬉しいですね。







photo/写真 | 2014.09.01 [EDIT]

【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<InstagramのHyperlapseアプリを使って自転車でメルボルンを疾走した動画が話題に | ホームへ | もうステディカムは要らない???と思うほどの手ぶれ補正アプリが続々登場>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |