TOPドローン

スタジオ撮影にドローンが欠かせない日が来る!? アシスタント真っ青の自動ライティングシステム

マルチコプターとも呼ばれるドローン(無人航空機)ですが、最近はGopro等を載せて撮影するのが世界中で流行っています。
しかし、そんなドローン撮影なんかよりもず~~~~っと先の未来のドローンの使い道を研究しているMITの研究者がいました・・・。

ドローンにライティング機材を搭載してスタジオライティングを自動で行ってしまうという驚きの技術。
何を言っているのか意味が分からないかも知れませんが、書いている私も完全に意味が分かっている訳ではありませんのでご了承下さい。



具体的な動きを収録した動画もYoutubeにアップされているので最後にご覧頂きたいのですが、基本的な内容をざっくり書くと、ドローンにモデリングランプとなるハロゲンランプと本番撮影用のストロボ(小型フラッシュ)を搭載させて、プログラミングにそったライティングを自動で行うというもの。



実際に動画で行われいるのは人の縁部分を強調させる半逆光ライティングです。
このライティングになるようにどうやってドローンが動いているのかというと、

カメラからのライブビュー画像を解析して自動で適切な場所へ動いてライティングしているのだとか。それを証拠に人物が動いたりその場で回ったりすると、それに合わせてドローンが動いています。

凄い・・・。




こちらが実際にドローンについたモデリングランプでモデルを照らしている様子。



こんなシステムがかなりの精度で出来上がれば、こんなライティングをしたい!という願いをボタンひとつでドローンが可能にしてしまうなんて時代が来るのでしょうか?

スタジオのアピール欄には「ドローンシステムあります」みたいなことが現実的なったりして・・・。
現在は1台のドローンで実験していますが将来的には複数のドローンを使ってより複雑なライティングも可能にしようとしてようです。




スタジオマン真っ青のドローンの活躍。
写真の世界ではどんどん無人化が進むのか・・・。嬉しくないなぁ。


Via:Drone lighting MIT News Office


最後に驚きのドローンライティングシステム動画をご覧ください。







ドローン | 2014.07.14 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<知ってた!? 部屋に置いてる温度計/湿度計の裏側を見たら驚きの作りだった | ホームへ | ピントが合わない時の原因と対処する12の方法。 デジタル一眼レフカメラ編>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |