TOP東日本大震災関係

南海トラフ巨大地震であなたの居住地の震度は? 震度計算でシミュレーションして対策を!(推定震度の算出サイト)

早稲田大の研究室が飛鳥時代以降の約1400年間の地震をシミュレーション出来るサイト「指定地点の震度計算」を公開しました。神奈川新聞のニュースで知ったのですが、実際に試してみると結構参考になります。
是非地震対策のひとつとして活用してみてください。


経度緯度を入力すると、その任意の場所でどの程度揺れたのか数値で表示してくれます。
もちろん関東大震災や貞観地震、南海トラフで発生した宝永地震など聞き慣れた過去の歴史的地震もシミュレーションしてくれています。

数値だけでなく地震の規模や距離との関連を示すグラフも表示。




実際にどうやって使用するかですが、

グーグルマップや"Geocoding"(住所から緯度経度を検索できるサイト)などのサイトで調べたい場所の経度緯度数値を調べます。




調べた数値を「指定地点の震度計算」サイトに入力します。
Googleなどで表示されるのは緯度経度の順番ですが、「指定地点の震度計算」サイトでは順番が経度緯度の順番になっているので気をつけてくださいね。



"指定した地点の推定震度を求める"ボタンを押すと地震の規模や距離との関連を示すグラフと共に具体的な数値が一覧で表示されます。

以下の表は抜粋です。

下の数値を見るとスカイツリーの地点は関東大震災の時に震度5.8であることが分かります。5強程度だったと推測できます。


今後も発生する可能性があると言われている首都直下型地震や南海トラフ地震に関しての準備や予測にとても役に立ちそうなサイトでしたのでご紹介しました。

このサイトを制作した井内美郎教授によると、震度が震源地から同心円状に小さくなることを考慮して計算しているそうで、必ずしも正確な数値では無いとのこと。
地盤や地形の特徴は反映されていないようですが、それでも参考になるかと思います。


参考サイト:
歴史地震わが町の揺れは? 早大研究室がサイト開設 カナロコ
指定地点の震度計算(早稲田大の研究室が制作)







このエントリーをはてなブックマークに追加





【関連するタグ】

【最新記事一覧】

11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日
11/05   写真関連ニュース アイドルと学ぶ『カメラ基礎講座』や電源ケーブルも無い完全ワイヤレス屋外用wifi監視カメラなど 2018
11/03   写真関連ニュース オバマ大統領を追いかける朝日新聞社カメラマンの舞台裏/Nikon Z6がついに全国のカメラ店で先行展示など 2018年11月3日
11/02   写真関連ニュース Flickr無料版の保存容量が1TBから1000点に/スタジオ撮影講座の「Profoto Academy」の日本語字幕が開始 2018年11月2日
11/01   写真関連ニュース Adobe Lightroomが直感的に使える「Loupedeck+」のレビューなど 2018年11月1日
10/31   写真関連ニュース  宅撮りやスタジオ撮影、おひとりさまから合わせまで解説している「コスジェニック レッスン」など 2018年10月31日
10/30   今日の写真関連ニュース 人物撮影のコツをプロカメラマンが伝授!/「EOS R」を実際に使ってみた記事など 2018年10月30日
10/29   今日の写真関連ニュース 掛け軸ならぬ「フォト軸」で有名なデイモン・ベイ氏の写真展が開催中など 2018年10月29日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<「ホタルの惑星」360度パノラマとタイムラプスの合わせ技でビックリしました。 | ホームへ | リバーシブル使用が可能! マニアックな両刀使いレンズをオリンパスが開発中です。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |