TOP未分類/写真・カメラ関係含む

東京上空をブルーインパルスが編隊飛行! 国立競技場最終イベントを撮影



2014年5月31日。国立競技場最終イベントとして開催された「SAYONARA 国立競技場 FORTHE FUTURE」
イベントのひとつとしてブルーインパルスの飛行がありました。

国立競技場は月々5000円程度払えばスポーツセンターやフィットネスクラブのように競技場内を自由に使えました。私も1~2年ほど国立の会員になって足繁く通った覚えがある思い出深い場所。

世界のトップアスリートが使っているトラックを走れる喜びは今でも鮮明に覚えています。
もっと通っておけばよかったかな^^;


2020年の東京オリンピック開催に向け色々と議論になっているものの建て替えが行われる予定です。もう国立競技場のトラックを走れないと思うと寂しい思いもありますが新たな歴史の一歩として新鮮な気持ちでブルーインパルスの編隊飛行を観覧させて頂きました。正確には展示飛行との名称らしいですが。




ブルーインパルスと言えば子供から大人まで男なら憧れるアクロバット飛行チーム。
アメリカのように本物の戦闘機を使っているわけではなく訓練機のために飛行音などではアメリカのアクロバット飛行チームには迫力では劣るのでしょうが、それでも私には十分すぎるほどの感動を与えてくれました。




国立競技場の直下を飛ぶのかと思っていたらそうではありませんでしたね。
ですがそれなりに高度を落として(400m程度?)の飛行だったので望遠レンズで狙うと機体のデティールが結構ハッキリと写りました ↓







今回はTwitterの検索で「ブルーインパルス」と入力して離陸前からチェックしていたのですが、入間を離陸した直後からTwitterで「入間を離陸」といった現場からのツイートが一斉に発信されていました。

昔であれば現地に連絡員を置くなどの必要がありましたが、今では誰もが離陸のタイミングをTwitterで知ることが可能に。もちろん真偽の問題はありますがTwitterの速報性の高さには毎度のことながら驚きます。

入間の離陸から約10分後。国立競技場上空をブルーインパルスが飛行。
多くの歓声が上がっていました。








今まで本当にお世話になりました。
さよなら国立競技場。そしてありがとう。








【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<Instagramがメジャーアップデート! 画像補正ツールが超パワーアップしてますよ  | ホームへ | Adobeのデジタルフォト & デザインセミナー 2014の申し込みが開始されてますよ>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |