TOP未分類/写真・カメラ関係含む

東京上空をブルーインパルスが編隊飛行! 国立競技場最終イベントを撮影



2014年5月31日。国立競技場最終イベントとして開催された「SAYONARA 国立競技場 FORTHE FUTURE」
イベントのひとつとしてブルーインパルスの飛行がありました。

国立競技場は月々5000円程度払えばスポーツセンターやフィットネスクラブのように競技場内を自由に使えました。私も1~2年ほど国立の会員になって足繁く通った覚えがある思い出深い場所。

世界のトップアスリートが使っているトラックを走れる喜びは今でも鮮明に覚えています。
もっと通っておけばよかったかな^^;


2020年の東京オリンピック開催に向け色々と議論になっているものの建て替えが行われる予定です。もう国立競技場のトラックを走れないと思うと寂しい思いもありますが新たな歴史の一歩として新鮮な気持ちでブルーインパルスの編隊飛行を観覧させて頂きました。正確には展示飛行との名称らしいですが。




ブルーインパルスと言えば子供から大人まで男なら憧れるアクロバット飛行チーム。
アメリカのように本物の戦闘機を使っているわけではなく訓練機のために飛行音などではアメリカのアクロバット飛行チームには迫力では劣るのでしょうが、それでも私には十分すぎるほどの感動を与えてくれました。




国立競技場の直下を飛ぶのかと思っていたらそうではありませんでしたね。
ですがそれなりに高度を落として(400m程度?)の飛行だったので望遠レンズで狙うと機体のデティールが結構ハッキリと写りました ↓







今回はTwitterの検索で「ブルーインパルス」と入力して離陸前からチェックしていたのですが、入間を離陸した直後からTwitterで「入間を離陸」といった現場からのツイートが一斉に発信されていました。

昔であれば現地に連絡員を置くなどの必要がありましたが、今では誰もが離陸のタイミングをTwitterで知ることが可能に。もちろん真偽の問題はありますがTwitterの速報性の高さには毎度のことながら驚きます。

入間の離陸から約10分後。国立競技場上空をブルーインパルスが飛行。
多くの歓声が上がっていました。








今まで本当にお世話になりました。
さよなら国立競技場。そしてありがとう。







【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/09   「プリントヘッドの種類が違います」とプリンターに表示された時の対処方法と修理実例(mg/mpシリーズ) メンテナンスモードに入ることが肝か!?
12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<Instagramがメジャーアップデート! 画像補正ツールが超パワーアップしてますよ  | ホームへ | Adobeのデジタルフォト & デザインセミナー 2014の申し込みが開始されてますよ>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |