TOP未分類/写真・カメラ関係含む

東京上空をブルーインパルスが編隊飛行! 国立競技場最終イベントを撮影



2014年5月31日。国立競技場最終イベントとして開催された「SAYONARA 国立競技場 FORTHE FUTURE」
イベントのひとつとしてブルーインパルスの飛行がありました。

国立競技場は月々5000円程度払えばスポーツセンターやフィットネスクラブのように競技場内を自由に使えました。私も1~2年ほど国立の会員になって足繁く通った覚えがある思い出深い場所。

世界のトップアスリートが使っているトラックを走れる喜びは今でも鮮明に覚えています。
もっと通っておけばよかったかな^^;


2020年の東京オリンピック開催に向け色々と議論になっているものの建て替えが行われる予定です。もう国立競技場のトラックを走れないと思うと寂しい思いもありますが新たな歴史の一歩として新鮮な気持ちでブルーインパルスの編隊飛行を観覧させて頂きました。正確には展示飛行との名称らしいですが。




ブルーインパルスと言えば子供から大人まで男なら憧れるアクロバット飛行チーム。
アメリカのように本物の戦闘機を使っているわけではなく訓練機のために飛行音などではアメリカのアクロバット飛行チームには迫力では劣るのでしょうが、それでも私には十分すぎるほどの感動を与えてくれました。




国立競技場の直下を飛ぶのかと思っていたらそうではありませんでしたね。
ですがそれなりに高度を落として(400m程度?)の飛行だったので望遠レンズで狙うと機体のデティールが結構ハッキリと写りました ↓







今回はTwitterの検索で「ブルーインパルス」と入力して離陸前からチェックしていたのですが、入間を離陸した直後からTwitterで「入間を離陸」といった現場からのツイートが一斉に発信されていました。

昔であれば現地に連絡員を置くなどの必要がありましたが、今では誰もが離陸のタイミングをTwitterで知ることが可能に。もちろん真偽の問題はありますがTwitterの速報性の高さには毎度のことながら驚きます。

入間の離陸から約10分後。国立競技場上空をブルーインパルスが飛行。
多くの歓声が上がっていました。








今まで本当にお世話になりました。
さよなら国立競技場。そしてありがとう。






このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<Instagramがメジャーアップデート! 画像補正ツールが超パワーアップしてますよ  | ホームへ | Adobeのデジタルフォト & デザインセミナー 2014の申し込みが開始されてますよ>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |