TOPphoto/写真

千鳥ヶ淵の桜撮影のド定番が大混雑

千鳥ヶ淵の桜。その3です。今日の撮影ではありませんのであしからず。今シーズンの撮影です。

前回も千鳥ヶ淵の定番である東京タワーが入る場所を紹介しましたが、今回はさらにド定番。
ボート乗り場の状況を。

遠くから見ると大混雑です^^;



上の写真はボート乗り場の屋上というか上の部分。
ここが撮影スポットになっていて、千鳥ヶ淵の桜と言えば大抵はここから撮影したものが使われていたりします。

さて、撮影場所に移動してどんな状況かはこちら・・・。




平日の昼間でこんな感じ。
撮影し終わったら後ろの人と交代していきます。この程度の人であれば数分待てば自分の番が回ってきます。
本当に混雑している時にはこの場所にも辿り着くのが大変そう・・・^^;

そして、この場所から見られる景色がこちら。見覚えのある景色ですよね。



この日のボート乗り場は2時間待ちだそうです。




都内では既に葉桜ですが、つい先日訪問した東北ではまだまだ蕾。
日本列島としては桜の季節はまだまだ続きますね。

      







photo/写真 | 2014.04.11 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<コンタクトレンズ内カメラやGoogle カメラなど面白い話題が多いですね | ホームへ | 千鳥ヶ淵の桜 その2>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |