TOPカメラ関係

5分で出来る! スピードライト用の即席自作ハニカムグリッド(ダンボール製)

ハニカムグリッドを仕事で使っている方は多いと思いますが、趣味でグリッドを使っている人ってごく少数だと思います。
買うと結構な値段がしますからね~。

グリッドやスヌートは光を拡散させず光に指向性を持たせることが可能になるアイテムです。
一度は使ってみたいなぁ~なんて思っているアマチュアの方もいらっしゃる???

そんな方はダンボールで作る即席ハニカムグリッドはどうでしょうか?たまたま見ていた海外のサイトで作っていたので、どの程度使えるものなのか試しに作ってみました。






見ての通り、ダンボールをスピードライトのヘッド部分の長さに合わせて適当な太さに切ってノリで重ねただけです^^;
作り方の解説は不要ですね・・・。
ダンボールの厚みが照射角にも影響してくるので、その厚みは自分の好みで作ってください。


問題なのは色がダンボールを使っているので黒では無い点。
スピードライトの光の色はもちろんカブりますので、その点はご注意を!

スプレーとかで黒に塗れば更に完成度は高くなるかもしれませんが、それでは5分では完成しませんからね^^;
気に入った方は黒で塗ると良いかと思います。




実際にスピードライトに装着した感じと撮影した時の光の具合は以下の感じです。



光が上下左右から漏れないように若干大きく作っておくと良いかも。
輪ゴムでヘッド部分に装着するだけで良いかと思います。(写真では輪ゴム使っていませんが)




実際に撮影した時の光の具合。
ダンボールで作った即席グリッドの割には結構使える???
光がしっかりとカットされています。ムラがありますがご愛嬌ってことで^^;




グリッドを使わないと当然こんな感じです。



ハニカムグリッドに興味があるけど買うまでではない。な~んて人には一度試してもらいたい工作。
ものすごく簡単に作れますから。実際に作り始めてしまえば5分はかからないかも。


もっと本格的に自作グリッドを作りたい場合は、私が常々尊敬するBENさんというフォトグラファーさんのページを参考にされると良いと思います。
ブラックストローを使用したレベルの違う素晴らしいグリッドの作り方を伝授してくれています。

http://studio-ben.com/diary/d20080425_n105.html


撮影機材を自分で工作するのって結構楽しいものです。私はそれほど大したものは自作出来ていませんが・・・。






カメラ関係 | 2014.02.04 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 
09/24   洗濯機が臭い!最後の最終兵器はミョウバン水洗浄!酸素系漂白剤や塩素系クリーナーよりも強力消臭してくれます。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<東京都内で短時間に激しく舞った雪 立春の4日  | ホームへ | 実はまだ知らない人もいる?iPhoneカメラを3264x2448pixelの最高画質で無音撮影出来るアプリ>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |