TOP日記

冬の時期の低い太陽は仕事上の撮影ではあまり好きじゃない




冬の時期は常に太陽が低くて刺すような光に感じることが多いです。
被写体を太陽光に応じて動かせたり時間帯を変えて撮影できたりすれば良いのですが、私の場合はそういった調整が無理な場合も多かったり・・・。

対象物の半分がビルの影になり、半分は順光の直射日光なんてケースも。
ここ数年はデジタルカメラのレンジ幅が広くなったことでかなり助けられていますが、それでも嫌なケースだったります。ストロボ光が十分に届く範囲なら良いのですが、場合によっては難しいケースも。

光を味方にしなくちゃ始まらない仕事だからこそ悩むシーンも多々。常に勉強ですね。





このエントリーをはてなブックマークに追加



日記 | 2014.01.24 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

01/21   自動運転車から発射されるレーザー光線でデジタルカメラの撮像素子が壊れる!?
01/09   【動画有】Nikon Z6/Z7に瞳AFが搭載決定!NIKKOR Z 14-30mmの価格は14万円前後か
01/05   あけましておめでとうございます。 2019年はToF方式の3Dカメラが台頭か!?3Dデータ化でアパレル業界に新風?
12/26   Adobe Photoshopのフォトグラファー向け フォトプランは来年値上げするのか?
12/20   写真の自動切り抜きソフトの真打ち登場か?無料Webソフト「remove.bg」の紹介
12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・

<<ホテルで働く立役者!? 乳白色がとても綺麗なカップが魅力的 | ホームへ | 都知事選取材の報道ヘリが3機いました。朝日とNHKとフジテレビのヘリかな>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |