TOPカメラ関係

Googleが新型ウエアラブルカメラを開発中で2014年1月7日に発表する予定

ウェアラブルカメラと言えば、GoProが真っ先に思いつきますが、その市場にGoogleが乗り込んで来る雰囲気がありますね。
Googleのウェアラブルカメラと言えば既にグーグルグラスがあるじゃないかと思われる方もいらっしゃるとは思いますが、今回発表された内容を読む限りでは、グーグルグラスは別物のGoProに近い使い勝手を持ったカメラのように感じます。

新しいウェアラブルカメラは一般向けではなく「ヘルプアウツ(Helpouts)」という新しい動画チュートリアルサービスを開始したこともあって、そのサービスに関連して開発しているもののようですが、今後、この技術を使ったカメラがGoogle製品として発売されたりして・・・。


今までカメラを作ってきたメーカーにかぎらずAppleのiPhoneなど、カメラメーカー以外が作る最近のカメラは、色々と斬新な点が多くて驚きの連続です。ボール型の360度パノラマカメラとかね。


話は戻りますが、カメラの制作を発表したのはGoogleと共に共同開発をしているAmbarellaという会社です。
AmbarellaはHDビデオ圧縮・画像処理ソリューションで業界をリードしているとされていますが、Ambarellaが"Ambarella and Google Exploring Wearable Cameras for Helpouts"と題して新しいウェアラブルカメラをGoogleと開発中でありラスベガスにて2014年1月7日から開始されるコンシュマー・エレクトロニクス・ショウで公開することを書いています。


最初はグーグルグラスの進化版か?と思ったのですが、スポーツやフィットネス、そしてアートや料理に至るまで色々な場面で活用できるカメラと書かれているので、グーグルグラスとは別物でしょうね。

ただ水中でのことまでは書かれていないような・・・。水深何メートルまで対応可能なのか、そんな点も気になりますね。

他のカメラと違う点はWifi接続が出来る点や、かなり暗い場面でも使えそうな点。詳しいところまでは不明ですが年明け早々Googleの発表が楽しみです。


参考 Ambarella and Google Exploring Wearable Cameras for Helpouts™ (NASDAQ AMBA)







カメラ関係 | 2013.12.26 [EDIT]

【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<落としても壊れない! ボール型360度パノラマカメラが総画素数1億800万画素で資金募集中 | ホームへ | 年間最悪カメラ大賞!?  Worst camera of the year(2013) 投票期間中ですが・・・>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |