TOP天体撮影/天文情報

アイソン彗星を撮影しようと思ってたのに消滅したらしい・・・。世紀の大彗星になるかと思ったのに。

12月4日ごろを目安に都心の夜景を絡めながら撮影しようとロケハンもして構えていたのですが・・・。

残念・・・。
アイソン彗星が消滅した可能性があるとNASAが発表しました。

当初は予想よりも明るくならないと言われていましたが、彗星は太陽を周回した後に大彗星へと化ける可能性があるのでアイソン彗星に非常に期待していのですが・・・。

「サングレーザー」と呼ばれる極めて太陽に接近する彗星でどのように変化するか予想がつきにくい所があったのも事実。
ですが彗星の大きさから計算すると生き残る可能性が高いと言われていたのですが。

どうやら太陽観測衛星「SOHO」のLASCO C3カメラでアイソン彗星が太陽へ突っ込む所は観測できたものの、太陽を周回して出てくるタイミングになっても出てこないようですね。

つまり太陽の熱で分裂・蒸発して完全に消滅した模様のようです。





太陽観測衛星「SOHO」のカメラで捉えられた時から定期的にサイトへ行ってアイソン彗星の様子を見ていたのですが、近日点通過前になってからはアクセスが集中しているのか全然つながらない感じでした。


http://sohowww.nascom.nasa.gov/


で、繋がらないまま29日を迎えたのでどうなったのかNASAのページを見て確認するしかなかったのですが・・・。
出てきた情報は消滅とのこと。

動画もアップされています。



動画では太陽へ突入する瞬間も捉えられていますが、それ以降は無いですね。
消滅か~~~。

下の写真は同じく太陽の観測写真ですが、アイソン彗星が消滅していなければこの観測写真に写っているらしいのですが写っていないので消滅したと考えられるとのこと。

http://www.nasa.gov/content/goddard/comet-ison-fizzles-as-it-rounds-the-sun/#.UpgR8dJdXhc



願わくば、マックノート彗星のような脅威の美しさの尾が撮影できればと思っていのですが、消滅してしまったとは本当に残念です。

さすがにこれだけの情報が揃っているのに実は残っていました~、なんてことは無いでしょうからね。





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<コンタクト紛失! ネットで購入したら処方箋無しで店頭の半額以下の激安で買えたのに・・・ | ホームへ | 「トビタテ!留学JAPAN」の日本から飛び立つイメージのロゴ鳥が飛べないキジってのは・・・。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |