TOP写真の画像補正

誰でも簡単に無料でコラ画像が作成できちゃうサイト「PhotoFunia」 今話題の川越シェフで試してみた!

アドビが川越シェフ公認のレタッチ王選手権を開催していることは以前にもお伝えしましたが、いざレタッチしようと思っても簡単には出来ない方も多いかと。

フォトショップの使い方がおぼつかない方や、そもそもフォトショップをお持ちでない方でも簡単にコラージュが作成できてしまうサイトが世の中には結構あったりします。


そんなサイトの中でもコラ画像作成で定評なのが「PhotoFunia」というサイト。

使い方も簡単ですし無料。登録などの作業も必要ないとあって結構楽しめます。
画像をアップロードするだけで自動で出来上がるという簡単さです。コラ画像を作ってみたいけど敷居が高くて・・・。と思っている方は試してみてはいかがでしょうか。




せっかくなので、Adobeが公開している川越シェフの素材写真で試してみました。
(当たり前ですがこのサイトで作成したものはレタッチ王選手権に投稿しても無効ですw)

川越シェフがラテアートに。


こちらは美術館に展示されています。



サイトでのコラ画像の作成方法は簡単です。
種類が300を超えているので、何かしら試してみたいシーンはあるはず。




サイトで気になるコラをクリックすると以下の様な作成ページヘ移動します。
このページで「Choose photo」をクリックします。




「Choose photo」をクリックすると写真を選択する画面になりますので、パソコン内にある画像を選択肢ます。




写真を選択すると、データがアップロードされ、サイト上に写真が表示されます。
アップロードした写真のどの部分を使うのか選択範囲指定が表示されるので自分の好みで枠を調整します。



あとはOKをクリックして完成!!!




他にも様々面白いシーンがあります。
以下をどうぞ。










「PhotoFunia」
http://www.photofunia.com/





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

01/09   【動画有】Nikon Z6/Z7に瞳AFが搭載決定!NIKKOR Z 14-30mmの価格は14万円前後か
01/05   あけましておめでとうございます。 2019年はToF方式の3Dカメラが台頭か!?3Dデータ化でアパレル業界に新風?
12/26   Adobe Photoshopのフォトグラファー向け フォトプランは来年値上げするのか?
12/20   写真の自動切り抜きソフトの真打ち登場か?無料Webソフト「remove.bg」の紹介
12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<最近私が感動した世界で話題になっていたタイムラプス動画5つ | ホームへ | シャボン玉製造機の「スーパーバブルマシーン」を使ってみた。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |