TOP写真の画像補正

誰でも簡単に無料でコラ画像が作成できちゃうサイト「PhotoFunia」 今話題の川越シェフで試してみた!

アドビが川越シェフ公認のレタッチ王選手権を開催していることは以前にもお伝えしましたが、いざレタッチしようと思っても簡単には出来ない方も多いかと。

フォトショップの使い方がおぼつかない方や、そもそもフォトショップをお持ちでない方でも簡単にコラージュが作成できてしまうサイトが世の中には結構あったりします。


そんなサイトの中でもコラ画像作成で定評なのが「PhotoFunia」というサイト。

使い方も簡単ですし無料。登録などの作業も必要ないとあって結構楽しめます。
画像をアップロードするだけで自動で出来上がるという簡単さです。コラ画像を作ってみたいけど敷居が高くて・・・。と思っている方は試してみてはいかがでしょうか。




せっかくなので、Adobeが公開している川越シェフの素材写真で試してみました。
(当たり前ですがこのサイトで作成したものはレタッチ王選手権に投稿しても無効ですw)

川越シェフがラテアートに。


こちらは美術館に展示されています。



サイトでのコラ画像の作成方法は簡単です。
種類が300を超えているので、何かしら試してみたいシーンはあるはず。




サイトで気になるコラをクリックすると以下の様な作成ページヘ移動します。
このページで「Choose photo」をクリックします。




「Choose photo」をクリックすると写真を選択する画面になりますので、パソコン内にある画像を選択肢ます。




写真を選択すると、データがアップロードされ、サイト上に写真が表示されます。
アップロードした写真のどの部分を使うのか選択範囲指定が表示されるので自分の好みで枠を調整します。



あとはOKをクリックして完成!!!




他にも様々面白いシーンがあります。
以下をどうぞ。










「PhotoFunia」
http://www.photofunia.com/





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日
11/05   写真関連ニュース アイドルと学ぶ『カメラ基礎講座』や電源ケーブルも無い完全ワイヤレス屋外用wifi監視カメラなど 2018
11/03   写真関連ニュース オバマ大統領を追いかける朝日新聞社カメラマンの舞台裏/Nikon Z6がついに全国のカメラ店で先行展示など 2018年11月3日
11/02   写真関連ニュース Flickr無料版の保存容量が1TBから1000点に/スタジオ撮影講座の「Profoto Academy」の日本語字幕が開始 2018年11月2日
11/01   写真関連ニュース Adobe Lightroomが直感的に使える「Loupedeck+」のレビューなど 2018年11月1日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<最近私が感動した世界で話題になっていたタイムラプス動画5つ | ホームへ | シャボン玉製造機の「スーパーバブルマシーン」を使ってみた。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |