TOPシャボン玉

シャボン玉製造機の「スーパーバブルマシーン」を使ってみた。

以前のエントリーで電池で動くおもちゃのシャボン玉製造機を購入したことを書きましたが、忙しくて全然使う暇がありませんでした^^;



公園に行く時間が無くて自宅前で一回だけ使ってみたんですが、あまりにもシャボン玉が出来て想像以上のパワーのだったので慌てて中止。近所に洗濯物を干しているお宅もあったので泡まみれになるとマズイので・・・。


結構な数が出来る本格仕様だということは分かったので、つい先日に息子とともに近所の公園に行って遊んできました。




本体を地面に置いてスイッチをONにすると中に入っているファンが回りだしシャボン玉を生成します。シャボン玉を作る輪はファンの風で自動的に回るようになっているのでシャボン玉液が底受けの皿にある限りず~~っと作り出してくれます。

シャボン玉液は自宅台所にあった液体洗剤を薄めたもの。


私はシャボン玉撮影をする時にはグリセリンやガムシロップ、洗濯のりを混ぜたりすることがあります。ちょっとした特製シャボン玉液なんですが、今回は特に混ぜ物はしていません。純粋に洗剤を薄めたものです。



そんな単純なショボン玉液でも結構な数が作れました。
3000円程度だったので期待していなかったのですが、メーカーの公表値である1分間に4000個というのもあながち嘘じゃないかも(笑)


下の写真も見て頂くとわかりますが、

シャボン玉ひとつひとつの大きさは結構小さいです。
輪の大きさに比例するのかもしれません。

ただ液体の粘度を変えてやれば同じ送風量でも大きさは変わるかもしれません。
限界値はもちろんあるとは思いますが・・・。





シャボン玉を特製にして実験してみたいところですが、今週末の土日は台風で無理そうです。
割れないシャボン玉液を作ると下のような面白いシャボン玉を大量に作れるかも!

今月はこの玩具で遊ぼうと思います。






このエントリーをはてなブックマークに追加



シャボン玉 | 2013.10.23 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

01/21   自動運転車から発射されるレーザー光線でデジタルカメラの撮像素子が壊れる!?
01/09   【動画有】Nikon Z6/Z7に瞳AFが搭載決定!NIKKOR Z 14-30mmの価格は14万円前後か
01/05   あけましておめでとうございます。 2019年はToF方式の3Dカメラが台頭か!?3Dデータ化でアパレル業界に新風?
12/26   Adobe Photoshopのフォトグラファー向け フォトプランは来年値上げするのか?
12/20   写真の自動切り抜きソフトの真打ち登場か?無料Webソフト「remove.bg」の紹介
12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・

<<誰でも簡単に無料でコラ画像が作成できちゃうサイト「PhotoFunia」 今話題の川越シェフで試してみた! | ホームへ | ニコンから昭和を彷彿とさせる銀塩一眼レフカメラ調デジカメが11月6日に発表か>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |