TOPシャボン玉

シャボン玉製造機の「スーパーバブルマシーン」を使ってみた。

以前のエントリーで電池で動くおもちゃのシャボン玉製造機を購入したことを書きましたが、忙しくて全然使う暇がありませんでした^^;



公園に行く時間が無くて自宅前で一回だけ使ってみたんですが、あまりにもシャボン玉が出来て想像以上のパワーのだったので慌てて中止。近所に洗濯物を干しているお宅もあったので泡まみれになるとマズイので・・・。


結構な数が出来る本格仕様だということは分かったので、つい先日に息子とともに近所の公園に行って遊んできました。




本体を地面に置いてスイッチをONにすると中に入っているファンが回りだしシャボン玉を生成します。シャボン玉を作る輪はファンの風で自動的に回るようになっているのでシャボン玉液が底受けの皿にある限りず~~っと作り出してくれます。

シャボン玉液は自宅台所にあった液体洗剤を薄めたもの。


私はシャボン玉撮影をする時にはグリセリンやガムシロップ、洗濯のりを混ぜたりすることがあります。ちょっとした特製シャボン玉液なんですが、今回は特に混ぜ物はしていません。純粋に洗剤を薄めたものです。



そんな単純なショボン玉液でも結構な数が作れました。
3000円程度だったので期待していなかったのですが、メーカーの公表値である1分間に4000個というのもあながち嘘じゃないかも(笑)


下の写真も見て頂くとわかりますが、

シャボン玉ひとつひとつの大きさは結構小さいです。
輪の大きさに比例するのかもしれません。

ただ液体の粘度を変えてやれば同じ送風量でも大きさは変わるかもしれません。
限界値はもちろんあるとは思いますが・・・。





シャボン玉を特製にして実験してみたいところですが、今週末の土日は台風で無理そうです。
割れないシャボン玉液を作ると下のような面白いシャボン玉を大量に作れるかも!

今月はこの玩具で遊ぼうと思います。








シャボン玉 | 2013.10.23 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

08/16   激安アクションカメラ!3980円で30M防水に手ぶれ防止!8500円で4K動画にWi-Fi+タイムラプス機能付
08/12   Nikon D850は8月15日発表という噂が出ていますね。詳細スペックも流れているので・・・
08/07   iPhoneで花火を撮影してみた!ピントとISO感度に気をつければ結構綺麗に撮れる
07/30   肩こりががヒドく久々にお世話になったパイオネックス(円皮鍼) 劇的に痛みが引きました
07/12   【リンク】AdobenoのLightroomは遅い?パフォーマンス向上に向け動き出す
07/07   【リンク】ニコンの牛田社長インタビューやREDがスマートフォンを発表など
06/19   【リンク】美術館が撮影OKになると大混乱になる?ルーブルのモナリザの前が凄い、など。
06/12   すごい便利で高性能の無料のスキャンアプリ「Adobe Scan」 OCR認識率も抜群です
06/07   富士フィルムHDがニコンを買収!?  がんばれニコン!!! 
06/06   料理撮影テクニック10 湯気の撮影は濡れ綿球!アイスクリームはマッシュドポテトで!
05/29   新宿、銀座、大阪のニコンプラザは日曜定休日に。美術館の撮影OKが増えている?など
05/24   無料!誰でも簡単にポスターや雑誌などのデザインが作成できる「Canva」が日本語化

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<誰でも簡単に無料でコラ画像が作成できちゃうサイト「PhotoFunia」 今話題の川越シェフで試してみた! | ホームへ | ニコンから昭和を彷彿とさせる銀塩一眼レフカメラ調デジカメが11月6日に発表か>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |