TOP未分類/写真・カメラ関係含む

引退したスペースシャトルが展示会場まで移送されるタイムラプスが公開。個人的には泣ける。

最後に建造され、25回の飛行を行ったスペースシャトル エンデバー!!!
その最後のスペースシャトルがケネディ宇宙センターからロサンゼルスのカリフォルニア科学センターまで移送される様子をタイムラプス映像としてYouTubeにアップされています。
天体少年だった私はこのタイムラプス動画を見たら感動と寂しさで涙が出そうになりました^^;


小さい頃からスペースシャトルを本で見飽きるほど見ては夢を膨らまし、今考えれば突拍子もない宇宙ステーションの想像図が描かれた科学雑誌を眺めていた少年時代の私でした。

私の少年時代のあこがれの象徴だったスペースシャトルも全ての機体が引退し、新しい低コスト宇宙船へと移行していくことが決まっています。

そんなスペースシャトル エンデバーが引退後の展示会場であるロサンゼルスのカリフォルニア科学センターへケネディ宇宙センターから向かう動画は涙なくては見れないわけです。


動画を作成した方は500時間もの輸送に密着し撮影し続けたそうです。なんという・・・。
言葉よりも映像が全てを語ってくれます。一つの時代の象徴が終わりを告げる瞬間を切り取ったという感動的な動画でした。

夢をありがとう!スペースシャトル。





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<ニコンから昭和を彷彿とさせる銀塩一眼レフカメラ調デジカメが11月6日に発表か | ホームへ | Nikon D5300のISO1600高感度オリジナル画像がflickrに上がっています。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |