TOPプレスリリース/ニュース

これで雨の中での撮影もOK? トキナーの親水性フィルターに期待 

Newsshooter.comで面白い新発想フィルターについての動画がアップされていました。
トキナーがNHKと共同開発したとされるDispersionフィルターを紹介する内容なんですが、おそらく親水性フィルターに似たような技術を使っている感じで結構使えそうです。

以下の写真は動画のキャプチャー画像です。


今までは超撥水を売りにしたマルミのウォータープルーフコートが雨用のフィルターとして売られていましたが、撥水して水玉になったものがレンズ上に残ってしまうと問題がありました。



その点、撥水とは逆転の発想で親水性に優れたフィルターであれば、その弱点を克服できます。
動画を見る限り、まだ部分的には完全に水が伸びきっていない部分もあるので、どの程度の効果が期待できるのか未知数ではありますが、実際にこの技術を使ったトキナーのフィルターが発売される日も近いかも。


車の場合はサイドミラーを親水性に優れたコーティングにするのが一般的になりましたが、レンズフィルターは撥水が良いのか親水が良いのかは撮影スタイルによっても違ってきそうですね。

動画は以下からどうぞ。







【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<iPhone4sのカメラは想像以上に優秀ですね。5sなら若干のレタッチまでなら耐えられる??? | ホームへ | 【噂】今後数ヶ月の間に発表される可能性のあるニコンのカメラやレンズ>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |