TOPブログのネタ関係

こんな乾電池の残量チェック方法無いだろ~と突っ込みたくなる動画

前回のエントリーが乾電池のことだったので、乾電池ネタをもうひとつ。
海外でも日本でも昨日辺りから急激に話題になっているアルカリ乾電池の残量チェック方法動画です。

動画で示されているチェック方法は、残量のある乾電池は数センチほど上から落とすと倒れなず立つが残量が無い乾電池は落とすと倒れるというもの。


ええええ~!
乾電池って残量変化による質量の変化は基本的には無いはずですから、この動画の方法が本当だとしたら重心変化?を使ったチェック方法でしょうか?
重心が変わるのが本当ならば凄い着眼点!


それにしても、難易度の高そうなチェック方法です^^;
それにアルカリ単三電池しか使えなそう・・・。
単4電池なら立たせることがそもそも難しそうだし単2電池なら容量が無くても立つだろうし。

こんな方法でチェックするならチェッカー使ったほうが早くて正確だろうに。でも、こういうネタ動画ってそうぞう以上に人気あるんですね~。












【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<Photoshopのブラシやマスクの練習に最適なモノクロ写真の人工着色テクニック | ホームへ | 寒冷地撮影では必須のアイテムとなるか!? マイナス40℃の低温下でも使える「カドニカ GTシリーズ」>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |