TOPプレスリリース/ニュース

ブラジルよりも遠い東京都!? 父島・母島・南島(小笠原諸島)がストリートビュー対応に! 



東京都から約1000 km 離れた太平洋上に浮かぶ島々、小笠原諸島。知っての通り東京都です。

未だ飛行路線が無く遠い遠い小笠原諸島。
それが東洋のガラパゴスと呼ばれる生態系を創りだしたと言われています。私達が小笠原に行くには竹芝桟橋から6000トン程度の「おがさわら丸」で25時間かけて船で行くしかありません。

海が荒れるときにはメチャクチャ揺れます^^;


基本的には交通手段はおがさわら丸しか無いのですが、生死に関わる急病人が出た場合には、硫黄島にある自衛隊が小笠原までヘリで迎えに来て、硫黄島まで搬送した後に硫黄島の滑走路から自衛隊機で本土の病院まで搬送するようになっています。


つまり小笠原の父島に行くには基本的には最低25時間以上の時間がかかるわけです。
その上、おがさわら丸は一週間に1便と決まっているので一度小笠原へ行くと一週間は帰ってこられません。


それが、ある意味でブラジルよりも遠いと言われている理由です。


私も一度だけ父島と母島、そして南島へ行ったことがありますが、本当に素晴らしい自然で思い出深い場所の一つです。
特に南島は想像を超える美しさでした。


そんな小笠原にGoogleストリートビューが登場!
先日富士山のストリートビューを公開したばかりなのに今度は小笠原!凄いですね~。




やはりここでも大活躍のトレッカー!4 日間にわたり、ストリートビュートレッカーで、小笠原を回ったそうです。

一日の入島制限もされている南島もしっかりとストリートビューされています。
この南島の扇池を見ることを目的に小笠原へ来る方も多いのだとか。

本当に素晴らしい場所です。




今回の撮影の様子がまたまた格好良く編集されてユーチューブに上がっています。



小笠原に飛行場を作るのか作らないのか、様々議論が行われてきましたが、未だ決定はしていません。
昔からの住民の方々の声を聞くとその多数は飛行場を作って欲しいとのこと。

確かに本土との連絡手段がおがさわら丸だけですと色々と不便があります。
特に妊婦の方々は出産が近くなると本土まで出てきて出産前の数ヶ月を暮らすことに。その滞在費等はもちろんのことながら自費です。

小笠原には小さな診療所はあっても出産や手術が可能な病院はありません。
そのことを考えると、住民の方々限定という形でも飛行路線があったら便利ですよね。


素晴らしい自然である小笠原の世界遺産を守っていくのと同時に住民の方々の生活向上を期待しながらストリートビューを見ていました。


大きな地図で見る



このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<iPhoneで動きが早い被写体の決定的な瞬間を撮影するのにSnappyCamカメラアプリは有効かもしれない | ホームへ | 撮影の練習に最適な場所見つけました^^ カメラを購入したら町田リス園へ出掛けてみては?>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |