TOP日記

横浜の動物園ズーラシアでボルネオオランウータンのドアップ写真が撮れたのですが・・・




先日の休みを使って息子と横浜にある動物園ズーラシアへ行って来ました。
運良くオランウータンが目の前に。


ガラス越しではあるものの迫力満点。かなり近い場所から撮影できたのですが、目の部分が陰になってしまってアンダー気味の写真になりました。

上の写真は修正済みのもの。
下の写真がオリジナルです。

Photoshopでマスクを作りながらアンダーな部分を持ち上げました。




こちらが元写真ですが、処理済みのものと比べると結構アンダーです。
アンダーな上にブルーカブり。

RAWで撮影しておけば色かぶりは一発で劣化も少なく補正できるのですが、今回はJPEG画像。
こういう時は最も劣化の少ないレンズフィルターを使って色かぶりを取るようにしています。


LightRoom上で処理することが多くなっているのであまり最近は使いませんが、結構便利で優秀なレンズフィルター。覚えておくと便利ですよ。


今回のオランウータン写真を補正する際に使った色調補正は以下の様な感じです。

まずトーンカーブで明るさを調整しつつレンズフィルターで色かぶり補正。
トーンカーブはマスクを使って適用範囲を指定しています。



明るさ・コントラストの補正も非常に優秀なので結構多用しています。
ひとつはマスクを切って適用。もうひとつはマスクを切らずに全体に適用させています。



こういった部分的な処理も最近はLightRoom上で出来るようになりましたからPhotoshopでワザワザ補正する人も少なくなったかもしれませんね。

私は個人的にPhotoshopが好きなのでLightRoomも使いつつPhotoshopも使うようにしています。
レイヤー構造が一目でわかるのも良い点です。

Photoshopはどんどん高性能になっていくとともにメモリも食うようになってきているのが悩み・・・。
もう少し新ツール関係もメモリを消費せずに使えると助かるのですが。

CCが頻繁に落ちるのは私のマシンが弱すぎる???





別に何が言いたいわけでも無い微妙なエントリーになりましたが、独り言ということでご理解ください。







日記 | 2013.07.29 [EDIT]

【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<撮影の練習に最適な場所見つけました^^ カメラを購入したら町田リス園へ出掛けてみては? | ホームへ | Photoshopの「コンテンツに応じる」やパッチツールなどは得手不得手を理解しつつ使うと効果的に楽しめます。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |