TOP未分類/写真・カメラ関係含む

こんな過激な撮影を続けていたら命がいくつあっても足りない! 竜巻追跡人と呼ばれるストーム・チェイサーが捉えた映像

5月31日に米南部オクラホマ州で発生した巨大竜巻は記憶にあたらしいことと思います。
日本でもつくば市で巨大竜巻が発生した時は驚きましたが、アメリカでは気象環境的に竜巻の発生が日本よりも多いらしく、その為か竜巻を追跡して映像に残すことを生業としている人たちがいます。

先日発生した米南部オクラホマ州で発生した巨大竜巻では、その竜巻追跡人と呼ばれるストーム・チェイサーの3名が竜巻にのまれて亡くなったそうです。これはアメリカ国内でも大きな話題となっています。

その3名の命を奪った竜巻がどれほどの竜巻だったのかが良く分かる映像がYouTubeにあがっています。そしてこの映像を撮影したのも同じく竜巻追跡人と呼ばれるストーム・チェイサーです。

この映像を見ると、危ないと言うよりも本当に命の危険を感じます。この撮影をした2人が生きて帰ってこられたのは奇跡だと思います。

下の2枚は動画からキャプチャーしたものですが、竜巻の中で車を走らせて逃げている途中、何かとてつもない物体が車へ突進してきます。その直後フロントガラスが割れています。もう少し勢いがあればフロントガラスを突き破って中にいた2人も亡くなっていたことでしょう。



動画はこちら



以前私も竜巻のことを話題にしましたが、ディスカバリー・チャンネルでは「追跡!竜巻突入チーム」という名称で竜巻研究の方々を密着取材している番組がありました。


ディスカバリー・チャンネルの「追跡!竜巻突入チーム」で取材されていたチームは上の写真にあるような戦車のような車両を使って竜巻に挑むわけですが、この車両が本当に凄い。

どのような車両なのか実際に動画で説明しているものがありましたので以下に貼り付けておきました。

ともあれ、中途半端な装備で竜巻に立ち向かおうと思うと返り討ちにあうことは必至。
というよりも、竜巻を舐めてはダメだということを今回被害にあった3名のストーム・チェイサーが教えてくれています。





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<ほぼリアルタイムでマトリックス映像を作成できるNHKのバレットタイム撮影「ぐるっとビジョン」が凄い! | ホームへ | おっと。アントニオ猪木氏が維新の会から参院選出馬らしい。 >>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |