TOP日記

目に見えないホコリを計測出来るハウスダスト指標計を買おうかどうか迷う。

気になる商品が発売されました。そして発売と同時に売り切れ状態^_^;
既に初回分は無いそうで、次回入荷は27日。

デザインファクトリーが気象協会監修のもと『ハウスダスト指標計』なるものを発売したのですが、価格も5月31日までの注文ならば¥5,980円といがいに安い。以前にも似たようなエアケアという商品があって、そちらは湿度も計測できるのですが9800円。もう販売は終了した商品ですが・・・。これもハウスダストだけでなく温度と湿度もデジタル表示されればいいのになぁ~なんて思いますが、そうすると値段も高くなるのか。


目に見えるホコリは10μmという大きさらしいですが、この機械が検知できるハウスダストの最小サイズは1μmだそうです。
う~ん。綺麗に見えるフローリングも強烈なフラッシュライトを当てるとホコリだらけだったというエントリーを書いた手前、ハウスダストには少しばかり気を使っている昨今。この機械は気になります。



上の写真は掃除した後の自宅フローリング。左が普通に撮影したもので右が強力なフラッシュライトで照らしたもの。ホコリが無数に見えます^_^;
私自身がハウスダストのアレルギーなので・・・。

ただ、計測した所で綺麗になるわけじゃないですからね~~~。掃除をこまめにする為のグッズとして買うかなぁ。







日記 | 2013.05.24 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!
07/30   ニコンのデジカメについているFnファンクションボタンやPvプレビューボタン(カスタムボタン)機能の割り当てについて
07/28   夜景写真の撮り方は? トワイライトとマジックアワーとは?時間帯が重要
06/26   ブログエディタのOpen Live Writerを日本語化する方法(パッチが公開されていました)
06/21   Open Live Writerでテスト投稿
05/14   AIを使った写真のノイズ除去技術が凄すぎて意味わからない

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<Googleグラスフォトグラファーと題した動画が笑える | ホームへ | ちょっとレベルが違い過ぎるタイムラプス動画>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |