TOP東日本大震災関係

満天の星空が広がる陸前高田市内。復興の光が届かない大地を無数の星が大地を照らしていた。







2013年3月11日
あの東日本大震災から2年目を迎えました。


私は陸前高田市に広がる満天の星空を眺めつつ
未だ復興が進んでいない現実を星空を見ることによって体感していました・・・。

あの自民党の小泉進次郎氏も
「2年前の3月に被災地で観た満点の星空が忘れられない」
そう語っていました。
綺麗だな・・・と出かかった言葉を飲み込んだと。



なぜ満点の星空が広がるのか。
それは紛れもなく津波によって全てを失った結果生まれた夜空だったんです。
陸前高田市中心にほど近い場所で想像以上の星空が
大地を照らしていました。。


この写真を撮影した日は暴風波浪警報が出ておりNikonD4を乗せた三脚が事実吹き飛びました。
瞬間の反応と瞬発力で三脚に飛びついたので事なきを得ましたが^_^;


撮影時のシャッタースピードは30秒。

あまりの強風のために三脚とカメラを手で抑えながらの撮影。
それでも度重なる突風で三脚が震えているのが手に伝わって来ました。


何も無くなってしまった大地に強烈に吹く突風。
その中にひとり立ちながら撮影していると仮設住宅にお住いの方々の気持ちが万分の1でも分かる気がしました。


三脚が突風で飛ばないように押さえつつ漆黒の中で数枚のシャッターを切る。
何も遮るものがない震災後の大地は
こんなにも風が強いものなのかと驚きと悲しさを感じながら。


30秒の露光時間の間
三脚は度重なる突風と強風で確実にブレていたものの
魚眼レンズで撮影したためか比較的目立たずに撮影できたかも知れません。


この満天の星空のように
東北へ希望と復興の光が降り注ぐ日が一日でも早く訪れますように。





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

01/09   【動画有】Nikon Z6/Z7に瞳AFが搭載決定!NIKKOR Z 14-30mmの価格は14万円前後か
01/05   あけましておめでとうございます。 2019年はToF方式の3Dカメラが台頭か!?3Dデータ化でアパレル業界に新風?
12/26   Adobe Photoshopのフォトグラファー向け フォトプランは来年値上げするのか?
12/20   写真の自動切り抜きソフトの真打ち登場か?無料Webソフト「remove.bg」の紹介
12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<ドライバーは安全運転を! 高速道路の吹流しが真横状態で暴風警報発令中!!! | ホームへ | 3.11から2年 福島県双葉郡川内村で見た復興の光>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |