TOPニコンのデジカメ関連製品全般

ニコン D600のゴミ問題で公式リリース発表  

Nikon D600が発売された当初、イメージセンサーにゴミが着きやすいという声がネット上で多く上がったのですが、昨日付けの公式リリースでD600のごみ問題について言及されていました。


ニコンデジタル一眼レフカメラ D600ご愛用のお客様へ ニコンイメージング


以前、このブログでもD600のセンサーダスト問題が海外のブログ等で話題になっていること伝えたことがありました。
実際に私がD600を所有しているわけでは無いのでなんとも言えないのですが、少しオーバーに騒ぎすぎでは?という印象が強かったです。

最初にごみ問題に付いて指摘したのはPeta Pixelというサイトで、ゴミが付着する理由として原因のひとつはミラーボックス内にあると言及していました。
なぜミラーボックス?と思ったのですが、理由としてはミラーが上下するごとにミラーボックス内を傷つけ、ミラーが上下するたびに削れてダストが発生するのでは?という予想を立てていたのですが・・・。


その予想は私の中ではかなり怪しい・・・。まあ、その理由が気になる方は以前書いたエントリーを読んで頂ければと思います。
これはウソだと思う! D600のセンサーダスト問題がミラーボックス内の傷が原因という件


まあ、それは今回は置いておいて、Nikonが昨日発表した内容は、センサーにゴミが付着することは避けられず、定期的にメンテナンスして下さいねというもの。

これは当然のこと。

センサーにゴミが付着するっって知らずに一眼レフデジカメを購入した方が、ネットで騒がれているD600のごみ問題とやらに過剰反応して事が大きくなったんじゃない?と言いたくなってしまいますが、それぐらいセンサーにはゴミって付くものです。

プロは定期的にブロアでゴミを取っていますし、ブロアーで取れないゴミは自己責任で拭いたり、またはサービスセンターでメンテナンスしてもらっています。


全然メンテナンスしてないのにゴミなんか付いてないよ~と仰る方は、一度レンズの絞りを一番絞った状態で白い紙が適正露出より若干アンダーになるようにして最短距離撮影してみてください。

何かが見えるはずです・・・^^;







【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<もうアホじゃないかと思うぐらい巨大なパノラマ画像!なんと世界最大の320ギガピクセル | ホームへ | 何でもない写真が3ステップで素敵な写真に変身しちゃう凄いソフト/アプリ“Pixlr-o-matic”>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |