TOP写真家の言葉

報道写真とは目的をもったドキュメンタリー写真だと思う---ユージン・スミス氏の言葉

ユージン・スミスの水俣病を撮影した写真はあまりにも有名ですが、小さい頃から写真家を目指していたわけではないそうです。
少年の頃は飛行機を設計するのが夢で、空への憧れと飛ぶことの憧れが強かったとのこと。

そんな飛行機マニア少年だったユージン・スミスが写真と出会うようになったきっかけは、小型機やグライダーなどのスピードレースの写真を手に入れるためにニュースカメラマンの後をついて回るようになったから。


後をついて回った地方新聞のカメラマンと繋がりを持つようになり、次第にカメラにも興味が。
ついには地方新聞のカメラマンにカメラを売ってもらい写真を撮影することに夢中になっていったユージン・スミス。

自分のカメラを手に入れてから半年後には、なんと新聞のニュース写真を自ら撮影するまでになりました。ユージン・スミスが14歳のころの話です。
14歳の頃から報道写真の世界に入り込んだユージン・スミス。
彼がドキュメンタリー写真家になるのは既にこの時点から必至だったのかも知れませんね。


水俣病のことを世界に知らしめた有名な写真。
母親が水俣病に罹った娘を風呂に入れる写真は彼の代表作の一つで、あまりにも有名です。ユージン・スミスは現地の人と近づくために漁師の仕事を撮影することからはじめ、手持ちの金が尽きるまで水俣に入り込んだ結果に撮影した写真。

その努力の結果生まれた写真は、まさに報道写真でありドキュメンタリー写真の代名詞となった強烈な写真でした。


その彼が放った言葉が
「報道写真とは目的をもったドキュメンタリー写真だと思う」

この言葉は以下のように続きます。

「ドキュメンタリーという言葉の唯一の欠点は、対象の心ではなく、対象の内容物の退屈極まりない写真を撮っていいのだという印象をこの言葉から受け取る人々がいるということだろう」

深く心に刻もうと思う一言です。


Wikipediaより

ウィリアム・ユージン・スミス(William Eugene Smith、1918年12月30日 - 1978年10月15日)は、アメリカの写真家。1957年から世界的写真家集団マグナム・フォトの正会員。

ユージン・スミスの写真の特徴は、「真っ暗闇のような黒とまっさらな白」のメリハリである。そのメリハリは、妥協を知らない徹底した暗室作業によって作り出された。





このエントリーをはてなブックマークに追加



写真家の言葉 | 2012.11.16 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

01/21   自動運転車から発射されるレーザー光線でデジタルカメラの撮像素子が壊れる!?
01/09   【動画有】Nikon Z6/Z7に瞳AFが搭載決定!NIKKOR Z 14-30mmの価格は14万円前後か
01/05   あけましておめでとうございます。 2019年はToF方式の3Dカメラが台頭か!?3Dデータ化でアパレル業界に新風?
12/26   Adobe Photoshopのフォトグラファー向け フォトプランは来年値上げするのか?
12/20   写真の自動切り抜きソフトの真打ち登場か?無料Webソフト「remove.bg」の紹介
12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・

<<デジタル@備忘録ブログがヤフーカテゴリー登録されました。 最近は登録申請しなくても掲載されるんですね。 | ホームへ | 【気になるLink】 2人だけの秘密の写真を共有できるアプリやカンニング竹山氏が無断撮影に激怒など>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |