TOPフォトショップの使い方講座

こんな時は?「要求された操作を完了できません。レイヤーがロックされています。」

フォトショップを使い始めたばかりの時には色々と悩むことがあると思います。

その一つがこれ。
何もしていないのに画像を移動させようとすると以下の様な文字が・・・。

「要求された操作を完了できません。レイヤーがロックされています。」




これは文字通りレイヤーにロックがかけられている状態ですが、ロックなんてした覚えがなくても出ますよね?

比較的多い質問が
・画像を開いて写真を移動ツールで移動させようとしたらロックがかかっていてて動かせない。

これはレイヤーが「背景レイヤー」になっていることが原因です。

背景レイヤーの場合は自動的にロックがかかっているので、背景レイヤーから通常の「レイヤー」に変更する必要があります。


この背景レイヤーのロック解除の方法は2つあって、

1つ目は、背景レイヤーの上で右クリックをしてコマンドを出します。

コマンドメニューなかの
「背景からレイヤーへ」を選択

これで背景レイヤーが通常の「レイヤー」へと変わります。

2つ目は、背景レイヤーの上で
「ダブルクリック」

たったこれだけで通常のレイヤーへ変更できます。
これは覚えておくと便利ですよ(^^)

通常のレイヤーに変更させるとレイヤー右側にあった鍵マークがなくなり、ロック解除されますので移動ツールで自由に移動することが可能です。



あと、意図的にレイヤーにロックをかけることも可能です。
他人から送ってもらったファイルを開いたらロックされていた。なんて時には以下のことを確認してみて下さい。

レイヤー画面にロックと書かれている場所がありますが、その横に4つのマークがあります。

左順番に
・透明ピクセルをロック
・画像ピクセルをロック
・位置をロック
・全てをロック

となっています。


これは文字通りの意味なんですが

・透明ピクセルをロック
これは画像の透明部分に処理をかけられないロックです。つまりブラシツールや鉛筆ツールなどを使っても、このロックがかかっているときには、何も変化がおきません。


・画像ピクセルをロック
ちょっと分かりにくい表現ですが、画像解像度や自由変形などは問題なく可能です。
では何が出来ないのかというと、透明ピクセルをロックに近いのですが、鉛筆ツールやブラシツール、それに修正ブラシやパッチツールなどが使用不可になります。

・位置をロック
背景レイヤーにかけられているロックと同じで、移動ツールを使っても移動することが出来ません。

・全てをロック
これは文字通り上の3つの全てをロックすることが出来ます。



「要求された操作を完了できません。レイヤーがロックされています。」

この文字が出たら慌てずに上のどのロックがかけられているか確認してロック解除してくださいね。





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<ニコンD5200が発表 D5100とスペック表で比較してみました! | ホームへ | 同じモチーフから観光写真も生まれれば芸術写真も生まれる。作者の眼の問題だ・・・土門拳氏の言葉>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |