TOP未分類/写真・カメラ関係含む

無料のデジカメ撮影テクニック集! 写真のガイドブックを買う前にまずコレを読むべし! 写真部応援マガジン「Top Eye」


写真部応援マガジン『TopEye』
http://www.nikon-image.com/activity/topeye/


写真を始めたばかりのビギナーさんや勉強中の初級中級レベルの方に朗報!

ニコンが中学・高校の生徒向けに出している『TopEye』という写真マガジン内のコラムが素晴らしいんです!
ハッキリ言ってお金を出してガイドブックを買う前に絶対に読んだほうが良いと思います。

Capture NX2ガイドブックなども執筆している有名なプロカメラマン斉藤勝則氏が非常に丁寧に中高生でも簡単に理解できるようにイラストを交えて解説してくれている連載コラムは必見です。


全国各地の中学校・高等学校の写真活動を応援するためにニコンが1979年に創刊した『TopEye』という無料の写真マガジン。
年4回の発刊です。


2007年のNo,240号からはニコンイメージングのホームページでPDF公開してくれています。
全て無料で閲覧することが可能です。

斉藤勝則氏が丁寧に解説してくれている特集記事は25回分以上読むことが出来ますので、最初から読めばかなりの知識がつくと思います。
目的の記事にたどり着きやすいように目次を付けておきましたので、気になる記事をひとつ読んでみて下さい。

とても無料とは思えない丁寧なテクニック集であることがよく分かると思いますよ~(^^)



【斉藤式Top Eye デジタル写真塾】


次のコラムは【簡単マスター! デジタル写真スクール】
目次は以下からどうぞ。


【簡単マスター! デジタル写真スクール】



【デジタル写真スクール チャレンジ編】

今後のコラムが楽しみです。


上で紹介したコラムを全部印刷してスクラップしておけば、一冊の撮影テクニック本になります。
これだけの内容を無料で今まで継続して配布していたニコンの企業精神は素晴らしいですね。

ニコンとしては写真文化活動の一環として発刊し続けているようですね。







【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<AF/AEロックが簡単に出来る優秀なiPhoneカメラアプリ「Blux Camera」など | ホームへ | 「写真を選ぶ力は、写真を見た数に比例する」 写真作品を作るために必要なファクター>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |