TOP写真&カメラのコラム

写真の神様といわれる木村伊兵衛氏でさえ鏡に向かってカメラの構え方を研究していた!?

写真家や画家が必ず一度は被写体(モデル)にしているものって何だか分かりますか?
そう、それは自分。写真用語で言うところのセルフポートレートです。

あのレンブラントもしかり。多くの画家が自画像を描いています。
写真家も自分のことを一度は撮影しているはず。

実は写真の神様と言われる木村伊兵衛氏が残したネガの中には自写象(セルフポートレート)が結構あったという話も聞きます。
木村伊兵衛氏のセルフポートレートで有名なのは、訪問先のドイツでライカフレックス1型を構えてホテルの鏡に向かって自分の寝巻姿を撮影したもの。

この時の写真は縦位置撮影が2枚。カットごとに縦位置の構え方が違うんですね。
一説には木村伊兵衛氏はセルフポートレートを撮影しながらカメラの構え方を研究していたのだとか。



縦位置で構える時って、確かに右手が上に来る構え方と脇を閉めて撮影できる右手が下に来る構え方の2つがありますが、皆さんはどちらで構えますか?

私はストロボのヘッドの位置を考えて構え方を変えますし、レンズの大きさによっても変えるので両方の構え方で撮影します。
あと記者会見会場などカメラマンがごった返す場所では脇を閉めて撮影ないと他人に迷惑かかりますしね。TPOに合わせて変えるのが普通だと思います。

木村伊兵衛氏が構え方の練習をしていたかどうかの真相は誰にも分かりませんが、木村伊兵衛氏でさえ構え方の練習をしていたと思えば自分の写真撮影に対する姿勢も変わってきます。もっともっと努力しなくちゃって。

木村伊兵衛氏の撮影している姿を一度だけNHKの番組で見る機会がありましたが、まさに西部劇でガンマンがホルスターから銃を取り出してトリガーを引くかのような素早さ。
撮影されたほうは、撮影されたことにまったく気が付かない・・・。恐るべし撮影技術です。
それもオートフォーカスやAEがついてる時代じゃないですから。


そんな神業的撮影手法は日々の鍛錬から生み出されたものだったのかも知れませんね。





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

03/20   続・フリーのOCRならGoogleドライブからグーグルドキュメントへの連携がダントツ便利。【驚きの簡単さと高い認識率】
03/20   写真撮影や天体観測で大活躍! 曇り具合の様子や雲の動きが予測出来るWindy.comとGPV気象予報
03/18   白黒写真をカラー化できる無料ツール「ColouriseSG」や「SILKYPIX JPEG Photography 9」が期間限定割引中など
03/10   世界最高レベルの天気予報を利用して雨や雲の様子を10日先の状態までチェック
03/05   クッソ重いけど写真の手ブレとピンぼけを救える超優秀なシャープネスソフト「Sharpen AI」
02/23   止まらない「しゃっくり」の止め方!子供にも効いた一発で止める方法です
02/21   超広角4.9mm!! 画角270°のモンスター級魚眼レンズ C-4 Optics 4.9mm など
02/18   女優の写真を修正する美人女性レタッチャーが禁断の裏技を大暴露
02/15   写真投稿SNSの500pxやEyeEmで大量に個人情報が流出!さらにダークウェブで販売中
02/08   富士フイルムのフォトストレージ「マイフォトボックス」がサービス停止 ダウンロード可能期限は2019年8月末
02/06   ミラーレス人気が一眼レフを超えたのは日本だけ?世界のデジタルカメラ市場の今を読む
02/05   フリー画像を勝手に100枚もストックフォトサイトで販売!?

<<「写真を選ぶ力は、写真を見た数に比例する」 写真作品を作るために必要なファクター | ホームへ | マーブル模様の綺麗なバラ「アラベスク」>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |