TOP写真&カメラのコラム

どんなカメラでもGPS付きカメラに大変身する裏ワザ!カーナビ画面や地図アプリを一緒に撮影しておこう(^^)

旅行に行った時や突然出会った素晴らしい風景。そんな時には皆さんデジタルカメラで写真撮影しますよね。
でも、あとで撮影場所が分からなくなることがあります。

これって何処で撮影したんだっけ?って。
最近は便利なものでGPS内蔵のデジタルカメラも普及してきてました。

GPSのデータが写真のExifに残っていれば、後で見た時にどこで撮影した写真なのか一目瞭然です。
でもGPS機能が内蔵されていないカメラで写真を撮影した時にはどうすれば良いのか。

私が実践している方法は以下。
非常にアナログな方法ですが、車でドライブしている途中ならばカーナビ画面を一枚撮影しておくんです。
徒歩やカーナビが無い車の場合にはスマートフォンの地図アプリを立ちあげて現在地のポイントを表示させたものを撮影しておきます。こうするとアナログな方法ですけど、後で見た時に場所が簡単に思い出せます。

原始的な方法ですけど結構多用している方法です。 バカにしないで一度試してみて下さいね。
撮影する地図を拡大/縮小しすぎると後で特定しにくいのでお気をつけ下さい^_^;
地図に何かしらの目印が入っていることが大切です。
位置情報を表示できるアプリがあればその画面を写しておいても良いかも知れませんね。でも私は地図を写しこむのが後でサムネイルで見た時にも一番便利だと思います。

ちなみに、本格的にGPSデータを埋め込むとしたら以下の方法があります。

GPS機能の無いデジカメでもジオタグの埋め込みが可能。デジタルカメラとiPhoneを「Nikon ViewNX 2」を使って連携させてみる。
GPSデータは後から付加することが可能です。ですのでGPSのログが残せてGPSログを書き出すことが出来さえすれば写真データにGPSのジオタグをつけることが可能です。 Nikonの一眼レフカメラであれば ...
iPhoneのGPSアプリとデジカメを連携させる方法。







【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<無料写真素材/フリー画像素材 | ホームへ | 番組中に撮影した写真は公開されます! プロ写真家と著名人の街歩き新番組『フォト・ラバーズ』 >>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |