TOP写真&カメラのコラム

晴天の日にポートレート撮影する場合はモデルを木陰に入れて撮影すると太陽光が柔らかくなり自然のディフューザー代わりになります

ポートレート撮影で特に気を使うのはモデルのポーズやシチュエーション。そして忘れてはいけいないのが光の質ですよね。
晴天時のピーカンを上手に使って撮影するのも面白いのですが、モデルさんに当たる光の角度など気をつけなくてはいけないポイントが沢山あったりします。

最初の頃は多少の曇り空などのほうが簡単に綺麗なポートレートが撮影できると思います。それは雲が太陽の光を柔らかくディフューズしてくれているから。簡単に言えばバンクライトを使っているようなものです。

では晴天の日に太陽光をディフューズする方法は?
答えは木陰など、何かの陰に入ること。オススメはやはり木陰。

木陰に入ることによって、モデルにあたる直射日光が和らぎます。注意するポイントは木陰の場合、葉っぱと葉っぱの間から光が漏れて木漏れ日になっている場合があります。
この光がモデルの顔にあたるとまだら模様になることもあるので、それは注意して下さいね。







【関連するタグ】

【最新記事一覧】

08/16   激安アクションカメラ!3980円で30M防水に手ぶれ防止!8500円で4K動画にWi-Fi+タイムラプス機能付
08/12   Nikon D850は8月15日発表という噂が出ていますね。詳細スペックも流れているので・・・
08/07   iPhoneで花火を撮影してみた!ピントとISO感度に気をつければ結構綺麗に撮れる
07/30   肩こりががヒドく久々にお世話になったパイオネックス(円皮鍼) 劇的に痛みが引きました
07/12   【リンク】AdobenoのLightroomは遅い?パフォーマンス向上に向け動き出す
07/07   【リンク】ニコンの牛田社長インタビューやREDがスマートフォンを発表など
06/19   【リンク】美術館が撮影OKになると大混乱になる?ルーブルのモナリザの前が凄い、など。
06/12   すごい便利で高性能の無料のスキャンアプリ「Adobe Scan」 OCR認識率も抜群です
06/07   富士フィルムHDがニコンを買収!?  がんばれニコン!!! 
06/06   料理撮影テクニック10 湯気の撮影は濡れ綿球!アイスクリームはマッシュドポテトで!
05/29   新宿、銀座、大阪のニコンプラザは日曜定休日に。美術館の撮影OKが増えている?など
05/24   無料!誰でも簡単にポスターや雑誌などのデザインが作成できる「Canva」が日本語化

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<折りたたみ傘の先端のキャップを外すとカメラの三脚用ネジ穴にピッタリ合うのってしってました?意外と使えるトリビアですよ | ホームへ | Nikon D600のRAW画像など大量のレビュー画像がアップされているサイトの紹介>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |