TOP写真&カメラのコラム

バウンス出来ないストロボの場合はストロボの前にハンカチなどを被せると少し光が柔らかくなりますよ

カメラ雑誌を見て、バウンス撮影を覚えたものの実は自分の持っているストロボはヘッドが動かずバウンス出来ない!そんな人も居ると思います。昔の私がそうでした。
そんな時はあきらめずに、バウンスとはちょっと違う方法でストロボの光を柔らかくしてあげましょう。

ストロボの光る部分に、白いハンカチやティッシュなどをフワリと被せてみる方法がお手軽でオススメです。
ピッチリかぶせるのでは無くて、フワリと少し余計な空間が出来る程度に被せるのがコツ。

デジカメの場合は効果がモニタで確認ができるので、ハンカチの厚さを変えて何度かチャレンジしてみて下さい。
私が初めてこの方法を使った時はフィルム時代でしたので、ストロボの光量の調整がうまく行かずに、光が柔らかくなるとか以前に光量不足で真っ暗な写真になった苦い経験があります^_^;

20年近く前の話ですが・・・。

今ではスグに効果が分かるので楽しみながら色々とチャレンジしてみて下さい。
直接ストロボを当てるよりも光が柔らかくなりますよ(^^)







【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<「アカウントが一時的に利用できません」Facebook全体で一時的な障害かと思ったら俺だけ? | ホームへ | 中判デジカメの動向や技術、使い方を中心に紹介していく「中判デジタルカメラ.jp」が誕生>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |