TOP時計関係

アポロ宇宙船の時計としても使われ月面にも設置された凄い時計 ブローバ・アキュトロン(スペースウオッチ)

昨日のニュースで星出飛行士がロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーションへ打ち上げられたとの報道がありました。


時計好きの私としては、
宇宙=NASA=オメガ
こういう流れに頭の回路が動きます(笑)

宇宙での使用を想定した耐久性テストを突破したNASA公認のオメガ・スピードマスターはあまりに特別な存在なのですが、オメガのスピードマスター以外にもアポロ計画で有名になった時計メーカーを御存知ですか?


宇宙飛行士用の腕時計としてオメガのスピードマスターが採用されたわけですが、アポロ宇宙船内のパネルクロックや、月面探査観測機器に搭載された時計はブローバ社のアキュトロンと呼ばれる音叉(おんさ)時計です。

人類初の月面着陸を成功させたアポロ11号でも、もちろん使用されています。
月面探査で使われた月面探査機に搭載された時計は現在でも月面の「静かな海」に設置されているそうです。

太陽電池を使った時計らしく、一説では今でも動き続けNASAへデータを送信しているのだとか。

夢のある話ですよね~。
スペースウオッチと言うとオメガのスピードマスターに注目が集まってしまいますが、私はブローバの時計もとても好きです。


Wikipediaには以下のような説明があります。

アメリカ航空宇宙局の公式腕時計の納入においてオメガのスピードマスターと争い、結果的に腕時計は採用されなかったが、当初は無重力下でゼンマイとテンプの振動に依存する従来の機械式時計がどのように動くかわからなかったため、宇宙船のパネルクロックは全て音叉式で重力に影響されにくいブローバ製となり、また最初の月着陸を成し遂げたアポロ11号により静かの海に設置された。

後にオメガのスピードマスターにもブローバのメカニズムを採用する機種「スピードソニック」が発売されている。



アポロ宇宙船内に設置されたものはパネルクロックですが、ブローバ社は腕時計型の音叉(おんさ)時計も制作しています。それが下の写真。
知る人ぞ知る音叉時計です。

音叉(おんさ)時計は分かりやすく言うと、機械式時計とクォーツ時計の中間に位置するような時計です。
音叉に電磁石で一定サイクルの振動を発生させ、音叉そのものの振動を秒針の駆動に用いるシステムです。クォーツ時計は水晶の振動を使った時計ですから、クォーツ時計で使われている水晶が音叉であると考えると想像つきやすいかも知れません。


ブローバ社はアメリカの時計老舗メーカーで、現在でもアメリカで人気のある時計メーカーです。
Wikipediaの説明によれば、アメリカでは国内販売数量1位とのこと。


ブローバ社が有名なのはアポロ計画で使われたと言う以外にも、

世界初のテレビCMを行った会社としても有名です。
1941年7月1日、NBC系列WNBTが中継したメジャーリーグの試合で、10秒間のスポット広告を放送したそうです。
アメリカの地図の上に時計を重ねた映像で"アメリカはブローバの時で動く!"というキャッチコピーを流したのだとか。
(参考:http://thelongestlistofthelongeststuffatthelongestdomainnameatlonglast.com/first224.html


それ以外にも1967年にアメリカ大統領が搭乗する大統領専用機のエアフォースワンに正式採用されたりと、時計メーカーとしては非常に実力と格式のある凄いメーカーです。


でも、悲しいことにアキュトロンと呼ばれる音叉(おんさ)時計は後に開発されるセイコーのクォーツ時計との戦いに敗れ姿を消しました。

今では、日本の時計メーカーであるシチズンに買収され、機械式時計のムーブメントはスイスのETAムーブメントやシチズンのムーブメントなどを使用して販売しています。
ですが、スイスの一流ムーブメントであるETAなどを使用している割には非常に時計が安く、アメリカではかなり売れているようです。

シチズンに買収されてからは日本でも見かけることが多くなった気がします。


日本のアマゾンや楽天市場でも購入できるのですが、アメリカのアマゾンの価格と比べると随分と高いように思います。
時計ならばアメリカのアマゾンで購入しても日本へ送ってくれるはずですから、どうせ買うならアメリカのアマゾンで注文したほうが円高の恩恵も受けられて送料を入れても安そうですね。


上の写真で紹介した「ブローバ・アキュトロン・スペースビュー」という音叉(おんさ)時計は2年ほど前に50周年記念モデルで、世界限定1000本だけ生産された時計です。

現在は機械式時計とクォーツ時計を中心に作っていますからブローバの特徴である「音叉時計」はこの時だけの限定だったようです。

でも「音叉時計」ではなくてもブローバ社は
"Perfection before Production"
"Quality before Quantity"

という創業以来の企業理念をもって生産しているだけに、性能としては非常に優れているようで、アメリカのネットショップのレビューを見てもメチャクチャ高評価です。


私も今回、この記事を書いたのを契機に1本ブローバ社の時計を買おうかと思っています。






時計関係 | 2012.07.17 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 
09/24   洗濯機が臭い!最後の最終兵器はミョウバン水洗浄!酸素系漂白剤や塩素系クリーナーよりも強力消臭してくれます。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<iPhone5は8月7日に発表という有力情報など | ホームへ | 第一生命ビルに現存している「マッカーサーの部屋」が今日から一般公開です。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |