TOP写真用語

色温度のケルビンって実は絶対温度の単位なんですよ。

・ケルビン【写真用語のプチうんちく】


色温度で使われるケルビンってそもそもは絶対温度を表す単位なんですよ。

なので絶対零度と呼ばれている-273℃は0ケルビンです。
私も事典で知ったんですがケルビンの語源はイギリスの物理学者のケルヴィン(通称)氏が絶対温度を導入したからだそうです。

色温度で使用するケルビンはあくまで"色温度"の単位ですので5000Kだからといって熱いわけじゃないですよ。

じゃ~、絶対温度のケルビンと色温度とどう関係があるのかというと説明が難しいのですが・・・。


ウィキペディアの説明を借りると、
「色温度は、表現しようとする光の色をある温度(高熱)の黒体から放射される光の色と対応させ、その時の黒体の温度をもって色温度とするものである。」

となります。ここで分かりにくいのが"黒体から放射される光"という部分。
黒体放射という言葉があるんですが、そのことをここでは言っています。


光には「反射光」と「放射光」という2つがあります。
写真をやっている人なら何となく分かりますよね。

露出計でも入射光式と反射式があるのと同じようなものですね。

私達が物の色を見ているのは、その物質が反射している色を見ているわけです。要するに反射光による色を見ています。


色温度を考える時に大切なのは反射光ではなく「放射光」です。
「放射光」は放射光を発する物体の温度によって色が変化します。

正確な「放射光」の色を計測するためには、「放射光」を発する物体が黒体である必要性があるので、黒体放射が発する光の色という言い方になるんです。


で、この黒体放射が発する光の色と、その時の黒体の温度とを関連付けて色温度としているそうです。


つまり
3000Kの温度で黒体から放射される光は赤っぽい
8000Kの温度で黒体から放射される光は青っぽい

こういうことですね。

ちなみに太陽も黒体放射の代表的な物体です。
太陽の表面温度は5500K~6000Kと言われていますが、この温度で放射される光は全ての可視波長のスペクトルを含んでいるので白色になるそうです。



う~ん。書いていても難しい^_^;





このエントリーをはてなブックマークに追加



写真用語 | 2012.06.20 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<デジタルカメラマガジンにNikonD800とD800Eとのモアレ傾向テストが掲載【2012年7月号】 | ホームへ | ゆるカワ写真に挑戦してみよう!>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |