TOPカラーマネージメント

高かった色見台が半額程度になっていました。円高の影響でしょうか。

4~5年前からと比べると色見台が非常に安くなっていますね。
印刷現場で正確な色評価するために必要な色見台ですが、個人的にも購入している人を多々見かけます。


「イメージプロ5000」という色見台が4~5年前は実勢価格は24万円ということで欲しくても買えない^_^;
イメージプロ

少し簡易的な色見台として日本平版機材の「PDVシリーズ」というのがあったのですが、こちらは製造中止になっているようで手に入りません。
PDV


ですが、TAKEさんで「colorMaster 2 DI カラーマスター2 DI」が円高還元セールで台数限定・特別価格158,000円で販売されていました。
今も販売中。



これっておそらく「イメージプロ5000」の後継機なんじゃないかなぁと。
数年前では実勢価格は24万円だった商品が台数限定とはいえ16万円で手に入るなんて円高って凄い。






このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

01/09   【動画有】Nikon Z6/Z7に瞳AFが搭載決定!NIKKOR Z 14-30mmの価格は14万円前後か
01/05   あけましておめでとうございます。 2019年はToF方式の3Dカメラが台頭か!?3Dデータ化でアパレル業界に新風?
12/26   Adobe Photoshopのフォトグラファー向け フォトプランは来年値上げするのか?
12/20   写真の自動切り抜きソフトの真打ち登場か?無料Webソフト「remove.bg」の紹介
12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<ゆるカワ写真に挑戦してみよう! | ホームへ | 海の灯まつりinお台場2012の開催日が決定>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |