TOPカラーマネージメント

高かった色見台が半額程度になっていました。円高の影響でしょうか。

4~5年前からと比べると色見台が非常に安くなっていますね。
印刷現場で正確な色評価するために必要な色見台ですが、個人的にも購入している人を多々見かけます。


「イメージプロ5000」という色見台が4~5年前は実勢価格は24万円ということで欲しくても買えない^_^;
イメージプロ

少し簡易的な色見台として日本平版機材の「PDVシリーズ」というのがあったのですが、こちらは製造中止になっているようで手に入りません。
PDV


ですが、TAKEさんで「colorMaster 2 DI カラーマスター2 DI」が円高還元セールで台数限定・特別価格158,000円で販売されていました。
今も販売中。



これっておそらく「イメージプロ5000」の後継機なんじゃないかなぁと。
数年前では実勢価格は24万円だった商品が台数限定とはいえ16万円で手に入るなんて円高って凄い。








【関連するタグ】

【最新記事一覧】

09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!
07/30   ニコンのデジカメについているFnファンクションボタンやPvプレビューボタン(カスタムボタン)機能の割り当てについて
07/28   夜景写真の撮り方は? トワイライトとマジックアワーとは?時間帯が重要
06/26   ブログエディタのOpen Live Writerを日本語化する方法(パッチが公開されていました)
06/21   Open Live Writerでテスト投稿
05/14   AIを使った写真のノイズ除去技術が凄すぎて意味わからない

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<ゆるカワ写真に挑戦してみよう! | ホームへ | 海の灯まつりinお台場2012の開催日が決定>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |