TOPパソコンモニタ全般

ColorNavigatorに関しての特集記事の紹介

ナナオのモニタである「ColorEdgeシリーズ」のキャリブレーションソフトウェアである「ColorNavigator」 ですが、現在Ver.5.1.0になっています。

もちろん「ColorEdgeシリーズ」を買うほどの方であれば「ColorNavigator」の使い方は既にご存知かとは思いますが、玄光社のサイトで茂手木さんが「ColorNavigator5.0 徹底研究」と題して詳しく解説してくださっています。

現在はVer.5.1.0になっている「ColorNavigator」ですので記事は去年の年末の物ですが、読みごたえのある分量になっています。

1、ColorNavigatorの概要
2、カラーマネジメントの第一歩は光源色温度の統一
3、キャリブレーションの基本 (1)
4、キャリブレーションの基本 (2)
5、新機能「バリデーション機能」を使う
6、ワンランク上のキャリブレーション (1)
7、ワンランク上のキャリブレーション (2)

と言った内容になっています。



トピックとしては下記のようなことも書かれていました。
なぜ、そうなのかは茂手木さんの記事を読んでみてくださいね。

●今回の実験の環境設定は
・モニター設置環境 64lx
・プリント評価 500lx
・モニター 80cd

●キャリブレーションは電源を入れて30分経ってから

●光を扱うセンサーは温度でゲインが変わる

●モニターとプリンタのマッチングは出力して1時間は必要

●印刷でのカラーマッチングはDDCP※をターゲットにする

※DDCPとは「ダイレクトデジタルカラープルーファー」のことです。
印刷が分野外の方は何のことやら・・・とお思いでしょうから、すごく簡単に説明すると、フィルムを介さず、デジタルデータからダイレクトにプリントすることができて、最終印刷機の網点の具合まである程度再現できるプリンタのことです。




これから「ColorEdgeシリーズ」の購入を検討されている方も、ご一読しておくと良いかもしれませんね。









【関連するタグ】

【最新記事一覧】

09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!
07/30   ニコンのデジカメについているFnファンクションボタンやPvプレビューボタン(カスタムボタン)機能の割り当てについて
07/28   夜景写真の撮り方は? トワイライトとマジックアワーとは?時間帯が重要
06/26   ブログエディタのOpen Live Writerを日本語化する方法(パッチが公開されていました)
06/21   Open Live Writerでテスト投稿

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<SanDiskの折れるSDHCカード | ホームへ | Monthly ProPhoto 34は2008年6月24日(火)18:30〜20:00>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |