TOPパソコンモニタ全般

ColorNavigatorに関しての特集記事の紹介

ナナオのモニタである「ColorEdgeシリーズ」のキャリブレーションソフトウェアである「ColorNavigator」 ですが、現在Ver.5.1.0になっています。

もちろん「ColorEdgeシリーズ」を買うほどの方であれば「ColorNavigator」の使い方は既にご存知かとは思いますが、玄光社のサイトで茂手木さんが「ColorNavigator5.0 徹底研究」と題して詳しく解説してくださっています。

現在はVer.5.1.0になっている「ColorNavigator」ですので記事は去年の年末の物ですが、読みごたえのある分量になっています。

1、ColorNavigatorの概要
2、カラーマネジメントの第一歩は光源色温度の統一
3、キャリブレーションの基本 (1)
4、キャリブレーションの基本 (2)
5、新機能「バリデーション機能」を使う
6、ワンランク上のキャリブレーション (1)
7、ワンランク上のキャリブレーション (2)

と言った内容になっています。



トピックとしては下記のようなことも書かれていました。
なぜ、そうなのかは茂手木さんの記事を読んでみてくださいね。

●今回の実験の環境設定は
・モニター設置環境 64lx
・プリント評価 500lx
・モニター 80cd

●キャリブレーションは電源を入れて30分経ってから

●光を扱うセンサーは温度でゲインが変わる

●モニターとプリンタのマッチングは出力して1時間は必要

●印刷でのカラーマッチングはDDCP※をターゲットにする

※DDCPとは「ダイレクトデジタルカラープルーファー」のことです。
印刷が分野外の方は何のことやら・・・とお思いでしょうから、すごく簡単に説明すると、フィルムを介さず、デジタルデータからダイレクトにプリントすることができて、最終印刷機の網点の具合まである程度再現できるプリンタのことです。




これから「ColorEdgeシリーズ」の購入を検討されている方も、ご一読しておくと良いかもしれませんね。









【関連するタグ】

【最新記事一覧】

08/16   激安アクションカメラ!3980円で30M防水に手ぶれ防止!8500円で4K動画にWi-Fi+タイムラプス機能付
08/12   Nikon D850は8月15日発表という噂が出ていますね。詳細スペックも流れているので・・・
08/07   iPhoneで花火を撮影してみた!ピントとISO感度に気をつければ結構綺麗に撮れる
07/30   肩こりががヒドく久々にお世話になったパイオネックス(円皮鍼) 劇的に痛みが引きました
07/12   【リンク】AdobenoのLightroomは遅い?パフォーマンス向上に向け動き出す
07/07   【リンク】ニコンの牛田社長インタビューやREDがスマートフォンを発表など
06/19   【リンク】美術館が撮影OKになると大混乱になる?ルーブルのモナリザの前が凄い、など。
06/12   すごい便利で高性能の無料のスキャンアプリ「Adobe Scan」 OCR認識率も抜群です
06/07   富士フィルムHDがニコンを買収!?  がんばれニコン!!! 
06/06   料理撮影テクニック10 湯気の撮影は濡れ綿球!アイスクリームはマッシュドポテトで!
05/29   新宿、銀座、大阪のニコンプラザは日曜定休日に。美術館の撮影OKが増えている?など
05/24   無料!誰でも簡単にポスターや雑誌などのデザインが作成できる「Canva」が日本語化

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<SanDiskの折れるSDHCカード | ホームへ | Monthly ProPhoto 34は2008年6月24日(火)18:30〜20:00>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |