TOP未分類/写真・カメラ関係含む

毎日新聞のシバザクラ修正写真の本当のところ!?

本日、カメラマンとしてはスルーできないニュースがありました。
「毎日新聞が紙面に修整写真 カメラマン自身の影取り除く」というもの。


毎日新聞が紙面に修整写真 カメラマン自身の影取り除く

2012/05/31

2012年5月31日(木)01:12 (朝日新聞)

 毎日新聞社は30日、同日付朝刊1面(北海道支社版)に掲載した大空町のシバザクラの写真について、一部を修整したまま掲載されたことを明らかにした。

 同社の社長室広報担当によると、同社の写真部員がシバザクラの写真を複数撮影、うち1枚の下の部分に自分の影が写っていた。個人的な興味で画像処理ソフトを使い画像を修整したが、写真を出稿する際、誤って修整した写真を選んでしまい、そのまま紙面に掲載された。チェックする作業でも気づかなかったという。

 同社の山科武司・北海道報道部長は「修整した写真を紙面に載せてしまい、誠に遺憾。今後、このようなことがないよう指導を徹底します」とコメントした。

記事URL http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2012053000012.html:



ん???

なんか記事だけ読むと、それだけで謝罪するってのも・・・。なんて思ってしまいますよね。案の定Twitterでは、擁護ツイートが多くありました。
で、実際のところ、どんな写真なのか。

掲載された北海道版の写真を見て、謝罪をした意味がよくわかりました。

掲載されたのは左のシバザクラの写真です。
これだけ見るとどこを修正したのか分かりにくいですよね。

これで謝罪というのも・・・。と思ってしまいます。

しかし写真の下の部分をよく見ると

「あ~~~、そういうことね」と納得です。


上の写真では小さくて分かりません。

拡大した写真が以下。これを見ると分かりますよね?



ね。分かりますよね。
そういうことなんです。


影を修正したということよりも、あまりにも修正が露骨すぎて・・・。
これが紙面になるまでスルーしてしまったのには、色々と理由があるのだと思いますが、報道写真はスタンプツールなどを使って修正してはダメだということを分かりやすく教えてくれる実例でした。





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

03/20   続・フリーのOCRならGoogleドライブからグーグルドキュメントへの連携がダントツ便利。【驚きの簡単さと高い認識率】
03/20   写真撮影や天体観測で大活躍! 曇り具合の様子や雲の動きが予測出来るWindy.comとGPV気象予報
03/18   白黒写真をカラー化できる無料ツール「ColouriseSG」や「SILKYPIX JPEG Photography 9」が期間限定割引中など
03/10   世界最高レベルの天気予報を利用して雨や雲の様子を10日先の状態までチェック
03/05   クッソ重いけど写真の手ブレとピンぼけを救える超優秀なシャープネスソフト「Sharpen AI」
02/23   止まらない「しゃっくり」の止め方!子供にも効いた一発で止める方法です
02/21   超広角4.9mm!! 画角270°のモンスター級魚眼レンズ C-4 Optics 4.9mm など
02/18   女優の写真を修正する美人女性レタッチャーが禁断の裏技を大暴露
02/15   写真投稿SNSの500pxやEyeEmで大量に個人情報が流出!さらにダークウェブで販売中
02/08   富士フイルムのフォトストレージ「マイフォトボックス」がサービス停止 ダウンロード可能期限は2019年8月末
02/06   ミラーレス人気が一眼レフを超えたのは日本だけ?世界のデジタルカメラ市場の今を読む
02/05   フリー画像を勝手に100枚もストックフォトサイトで販売!?

<<一度は行ってみたい!「雲海テラス」 今日から今季営業開始です。 | ホームへ | ニコンユーザ全員へ RAW 画像を扱う場合は必ず最新ソフトを使ってね>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |