TOP東日本大震災関係

陸前高田市長は震災瓦礫の広域処理を望んでいる!

今回は陸前高田市の戸羽市長の本当の思いを紹介します。


瓦礫の放射性物質の問題を過大に叫び、震災瓦礫の広域処理を異常なまでに反対している人たちがいます。

それはいいと思います。人それぞれ立場も考え方もありますから。
言論の自由ですし、それぞれの思いもあるでしょうしね。

私は震災直後から数ヶ月に渡り被災地を取材し、現在でも定期的に瓦礫問題を含めて現地で取材しているので、私に対して本で読んだような反論はご遠慮致します。
反対意見がある人は適当にスルーして頂ますようお願い致します。



今回私が書きたいのは、1年ほど前に陸前高田市長の戸羽太市長が広域瓦礫処理について発言した内容を、未だに広域がれき処理の反対者が金科玉条の如く使っていることに対する反論です。

一年ほど前市長は以下の発言をされました。
------------------------------------------------------------------
がれきの処理というのは復興へ向けた最重要課題のひとつなわけですが、現行の処理場のキャパシティー(受け入れ能力)を考えれば、すべてのがれきが片付くまでに3年はかかると言われています。そこで、陸前高田市内にがれき処理専門のプラントを作れば、自分たちの判断で今の何倍ものスピードで処理ができると考え、そのことを県に相談したら、門前払いのような形で断られました。
-----------------------------------------------------------------

しかし、この発言はまだ瓦礫の総量が分かっていない状況だったことや、処理する際に土砂や木片など津波被害独特の処理にしにくい瓦礫であることを、まだ認識していなかったことなどがあります。


実際には想像以上の瓦礫の量と、処理方式などを考えると広域処理をするしか無いことは戸羽市長も認めています。

でも未だにインターネット上では一年前の市長の言葉が反対派の急先鋒の市長の言葉として使われ市長は非常に迷惑しています。

まったく真意が伝わっていないとね。


現地の雇用に関しても市長は、「実際は一時的な雇用にしかならず、安定的な雇用を求める現地からすると見当違いの話で非常に腹立たしい」とも語っています。





戸羽市長はFacebookでもつい先日、広域がれき処理に関して発言をしました。これらの発言は一部報道でも取り上げられたようですので御存知の方もいらっしゃるかも知れません。

ここでも市長の言葉の一部をご紹介したいと思います。




この発言では市長は少し押さえ気味に発言していますが、あまりに反響が多かったために翌日、下のように発言をされました。


(市長発言の一部を抜粋)

現在でも広域処理反対の方の中に、『被災地の雇用のために被災地内で瓦礫処理を!』とおっしゃられている方がいます。

 被災地の人間をなんだと思っているのでしょうか?

 人として、この発言だけは許しがたい。少なくとも第三者には言われたくない言葉です。

 言いたいことは山ほどありますが、今日はやめておきます!




そう、市長は勝手に曲解されて独り歩きした自分の言葉にも憤りを覚えています。

反対派の人の中には、市長の発言が自分たちに都合の良い内容だったために自分たちの都合の良いように使ってきた反省をしてもらいたいものです。

反対するのは結構ですが、現地の人の気持ちを思いながらの発言だったのでしょうか?
瓦礫問題には沢山の論点があるのでここで色々と書くのは止めますが、被災地の人の言葉を状況が変化しても使い、なおかつ紋切型に使い自分たちの都合の良いように使うのだけは人として問題があると思いますよ。





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

01/21   自動運転車から発射されるレーザー光線でデジタルカメラの撮像素子が壊れる!?
01/09   【動画有】Nikon Z6/Z7に瞳AFが搭載決定!NIKKOR Z 14-30mmの価格は14万円前後か
01/05   あけましておめでとうございます。 2019年はToF方式の3Dカメラが台頭か!?3Dデータ化でアパレル業界に新風?
12/26   Adobe Photoshopのフォトグラファー向け フォトプランは来年値上げするのか?
12/20   写真の自動切り抜きソフトの真打ち登場か?無料Webソフト「remove.bg」の紹介
12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<青色LED光(発光ダイオード)の健康被害について | ホームへ | まもなく国会事故調ライブ中継です。原発問題の最重要人物・菅直人を参考人招致>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |