TOP菜の花(アブラナ)の無料写真素材・フリー画像

飛行中の蜜蜂が花粉を沢山集めています

飛行中の蜜蜂が花粉を沢山集めています

フリー(無料)画像一覧はこちら


こちらの写真はフリー画像素材として公開している素材です。写真をクリックすると画像が拡大されます。壁紙等にも自由にお使い下さい。
なおダウンロードする前に「◎フリー画像の利用条件」をご確認下さい。


※津波塩害農地復興のための菜の花プロジェクトが進行中です。
菜の花(アブラナ)
別名:
花菜(はなな)
菜花(なばな)
菜種(なたね)
ヨーロッパ原産のアブラナ科の草花です。
開花時期は、2月から5月頃。
一面に群生している姿は黄色い絨毯のようで綺麗です。     
タネは秋にまき、苗の状態で冬越しさせるそうです。
千葉県の県花ともなっています。
花言葉は「豊かさ、財産」
一般的には蕾を摘み、おひたしにして食べますが、実は茎の部分の皮を剥いて食べるのが生産者側では知られています。
その理由は茎の部分の方が甘く歯ごたえも良いため。
新鮮なものは生でも食べられます。菜の花の茎部分を折ってその場で食べるとその甘さに驚くはず。
花の部分が一般的に食べられているのは見た目の部分を重要視した理由かも知れません。


東日本大震災の後、津波で塩害を受けた場所に菜の花を植える「菜の花プロジェクト」が進行しています。
塩が強い土壌でも元気に育つ菜の花を植えて、その花を出荷したり油を採取したりして復興に役立てようという動きです。
このプロジェクトのの最終目標は
1)アブラナ科作物の安定的生産方法および被災地の土壌改良を目的とした栽培体系の確立
2)ナタネ油の販売方法の確立
3)ナタネ油からのバイオディーゼル燃料生産等のエネルギーの地産地消システムの構築
この綺麗な菜の花が復興の一助になると思うと違った力強さも見えてきます。
菜の花の底力に期待です。





【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 
09/24   洗濯機が臭い!最後の最終兵器はミョウバン水洗浄!酸素系漂白剤や塩素系クリーナーよりも強力消臭してくれます。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<作物の受粉に欠かせないミツバチ | ホームへ | 蜜蜂がお腹に沢山花粉を貯めています>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |