TOP菜の花(アブラナ)の無料写真素材・フリー画像

水滴が付いた花びら マクロ撮影

水滴が付いた花びら マクロ撮影

フリー(
無料)画像一覧はこちら

こちらの写真はフリー画像素材として公開している素材です。写真をクリックすると画像が拡大されます。壁紙等にも自由にお使い下さい。
なおダウンロードする前に「◎フリー画像の利用条件」をご確認下さい。


※津波塩害農地復興のための菜の花プロジェクトが進行中です。
菜の花(アブラナ)
別名:
花菜(はなな)
菜花(なばな)
菜種(なたね)
ヨーロッパ原産のアブラナ科の草花です。
開花時期は、2月から5月頃。
一面に群生している姿は黄色い絨毯のようで綺麗です。     
タネは秋にまき、苗の状態で冬越しさせるそうです。
千葉県の県花ともなっています。
花言葉は「豊かさ、財産」
一般的には蕾を摘み、おひたしにして食べますが、実は茎の部分の皮を剥いて食べるのが生産者側では知られています。
その理由は茎の部分の方が甘く歯ごたえも良いため。
新鮮なものは生でも食べられます。菜の花の茎部分を折ってその場で食べるとその甘さに驚くはず。
花の部分が一般的に食べられているのは見た目の部分を重要視した理由かも知れません。


東日本大震災の後、津波で塩害を受けた場所に菜の花を植える「菜の花プロジェクト」が進行しています。
塩が強い土壌でも元気に育つ菜の花を植えて、その花を出荷したり油を採取したりして復興に役立てようという動きです。
このプロジェクトのの最終目標は
1)アブラナ科作物の安定的生産方法および被災地の土壌改良を目的とした栽培体系の確立
2)ナタネ油の販売方法の確立
3)ナタネ油からのバイオディーゼル燃料生産等のエネルギーの地産地消システムの構築
この綺麗な菜の花が復興の一助になると思うと違った力強さも見えてきます。
菜の花の底力に期待です。




このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日
11/05   写真関連ニュース アイドルと学ぶ『カメラ基礎講座』や電源ケーブルも無い完全ワイヤレス屋外用wifi監視カメラなど 2018
11/03   写真関連ニュース オバマ大統領を追いかける朝日新聞社カメラマンの舞台裏/Nikon Z6がついに全国のカメラ店で先行展示など 2018年11月3日
11/02   写真関連ニュース Flickr無料版の保存容量が1TBから1000点に/スタジオ撮影講座の「Profoto Academy」の日本語字幕が開始 2018年11月2日
11/01   写真関連ニュース Adobe Lightroomが直感的に使える「Loupedeck+」のレビューなど 2018年11月1日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<江戸時代には胡菜または菜薹と呼ばれていた | ホームへ | 黄色の花びらに付いた水滴 マクロレンズ>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |