TOPパノラマ

驚き! 火星探査機用パノラマ技術でストリートビューは作られていた。

昨日書いた「超精密なスペースシャトルの操縦席パノラマが公開」という記事の中で紹介したパノラマ写真。このパノラマ写真の作成にはパノラマ業界ではよく聞くギガパンと呼ばれる機器を使ったことがナショナルジオグラフィックの記事中から知ることが出来ました。

ギガパンというのはギガ・ピクセル・パノラマの略で超高倍率ズームすることが可能な超高解像度のパノラマ写真作成システムのことを指します。

で、それを手がける「GigaPan Systems」のHPが以下です。
GigaPan The GigaPan(R) process allows users to upload, share and explore brilliant gigapixel+ panoramas around the globe.
GigaPan was developed by Carnegie Mellon University in collaboration with NASA Ames Intelligent Robotics Group, with support from Google. The GigaPan EPIC series is based on the same technology employed by the Mars Rovers, Spirit and Opportunity, to capture the incredible images of the red planet.




このギガパンシステムですが、実はグーグルの支援を受けながらNASAとCarnegie Mellon Universityとの共同で作り上げられたシステムなんだとか。
その第一の目的はNASAの火星探査車向けに開発された技術だったことを先日のニュースで初めて知りました・・・^^;

この技術があったからこそグーグルはストリートビューを作ることが出来たのですね。今更ながらやっと納得というか、色々な点が繋がりました。

つまりタイトルにも書きましたが、グーグルのストリートビューは火星探査用に作られたパノラマ技術の流用ってことですよね。事実このギガパンシステムの資金援助はグーグルが行なっていたわけですから・・・。

そう思うとグーグルって会社は、

なんとも末恐ろしい気がしますね。ようするに宇宙開発にもすでに進出しているわけですから。

「GigaPan Systems」のホームページで売り出している個人ユースの半自動のパノラマ作成機械は下のようなものです。


基本的にパノラマ写真というのはレンズの軸となるノーダルポイントという場所を動かすこと無く角度を変化させて何枚も撮影したものを繋ぎ合わすことによって出来上がります。それを半自動的にやってくれるのが上の機械。

ただ、この機械ではカメラ一台を動かすことによってパノラマ写真を作りますから時間がかかります。もちろん今回話題になったギガパンと呼ばれる高解像度の写真を高解像度のカメラと解像力の良いレンズを使って作るのには良いと思います。

ではグーグルがストリートビューでこの機械を使っているのかと問われれば、それはノーです。
グーグルは何台ものカメラを同時に撮影することによって一回のシャッターでパノラマ写真が作れるシステムを構築しています。
それが実は火星探査でも使われていた技術なのでしょうね。恐れ入りました。

ちなみにそのカメラを自転車につけたものがこれ↓


う~ん。凄いというか大胆というか・・・。
世界中のどこでもストリートビュー化しようとしていてるグーグルには驚きです。

一点だけ怖い話を・・・。


皆さんがインターネットで目にするストリートビューは細かいところまでは見えないように解像度がそれほど高くないですよね。
でもグーグルがストリートビューカーなどで撮影している元の撮影データも同じように解像度が低いと思いますか???

私の個人的な答えはノーです。
おそらく一眼レフレベルの撮像素子に1000万画素程度の解像度で撮影しているのでは?と。
つまり元のデータは通常のカメラで撮影したのと同じ程度のデーターのはず。

インターネットにアップする時にはプライバシーの観点やデータ量の問題からかなり小さくして公開しているのだと思います。

もしも元のデータを誰もが見ることが出来たらそれこそプライバー問題に発展することは確実でしょう。
だって火星探査の技術を使って町中を走っているんですから・・・^^;


ストリートビューがCIAやNSAが絡んでの世界中の情報収集だとしたら・・・。


少し怖い話になってきますね。
ストリートビューは便利ですが、そういった問題もつねに絡んでいることもお忘れなく。
便利だからと諸手を上げて心から喜べないのが残念です。


JRのスイカ情報を使ってストーカーしていた事件などもニュースになりましたしね。情報化社会も良いことだけではない事を最近は感じています。

肖像権・プライバシー権についてストリートビューの問題を通してまとめておきました。|日記 デジタル@備忘録
ストリートビューと肖像権の問題。当ブログ内の関連記事です。

Googleがホワイトハウスまで攻略! アートプロジェクトサイトで訪問できるようになりました。 |未分類/写真・カメラ関係含む デジタル@備忘録
ホワイトハウス内もストリートビュー化されていますよ。





このエントリーをはてなブックマークに追加



パノラマ | 2012.04.19 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日
11/05   写真関連ニュース アイドルと学ぶ『カメラ基礎講座』や電源ケーブルも無い完全ワイヤレス屋外用wifi監視カメラなど 2018
11/03   写真関連ニュース オバマ大統領を追いかける朝日新聞社カメラマンの舞台裏/Nikon Z6がついに全国のカメラ店で先行展示など 2018年11月3日
11/02   写真関連ニュース Flickr無料版の保存容量が1TBから1000点に/スタジオ撮影講座の「Profoto Academy」の日本語字幕が開始 2018年11月2日
11/01   写真関連ニュース Adobe Lightroomが直感的に使える「Loupedeck+」のレビューなど 2018年11月1日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<ニコンからD3200が発表されました! | ホームへ | 超精密なスペースシャトルの操縦席パノラマが公開!なんと2.74ギガピクセル画像>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |